森保監督、“愛弟子”佐藤寿人の引退セレモニーで“サプライズ登場” 「プレーを見られなくなるのは寂しい」

日本代表の森保一監督(左)と千葉FW佐藤寿人【写真:Getty Images&高橋学】
日本代表の森保一監督(左)と千葉FW佐藤寿人【写真:Getty Images&高橋学】

Jリーグ最多220得点の佐藤寿人が現役を引退 後半から途中出場

 ジェフユナイテッド千葉の元日本代表FW佐藤寿人が20日、J2リーグ最終節ギラヴァンツ北九州戦(2-1)で現役を引退した。この日はベンチスタートとなったなか、後半38分から途中出場。試合後には引退セレモニーを行い、21年間の現役生活に幕を閉じた。セレモニーの中では日本代表の森保一監督からサプライズのビデオメッセージが届いた。

 ジェフユナイテッド市原(当時)の下部組織で育ち、2000年にトップ昇格を果たした佐藤は、02年セレッソ大阪、03年ベガルタ仙台を経て、05年から広島に移籍。16年まで在籍し、現在日本代表を率いる森保一監督が指揮を執っていた12年、13年、15年にはJ1制覇を成し遂げた。17年に名古屋グランパスへ、19年から古巣の千葉に復帰。歴代2位のJ1通算161得点、歴代最多のJリーグ通算220得点、J2と合わせて12年連続2桁得点を達成し、08年にはJ2で、12年にはJ1で得点王を掴み取った。

 日本を代表するストライカーの佐藤は、引退試合となった北九州戦でベンチスタート。ベンチから見守っていた1-1の後半8分、FW船山貴之のシュートはバーをはじくもこぼれ球をダイレクトでMF髙橋壱晟が決めて勝ち越しに成功した。佐藤もベンチを飛び出して喜んだ一発に、髙橋はコーナーフラッグまで走って佐藤のゴールセレブレーションを披露。引退を決めた佐藤へ贈る一撃となった。

 出番が回ってきたのは後半38分。DF下平匠から主将マークを託され、拍手に包まれながらピッチに入った。同43分には右サイドからふわりとしたクロスを入れてFW川又堅碁のシュートを演出。逆転勝利の笛を聞くと、村上主審から試合球を受け取った。

 引退セレモニーでは半袖姿にピッチに再登場。この日ラストマッチとなった、DF増嶋竜也、MF田坂祐介とともにスピーチした。最後には、引退した選手へサプライズでビデオメッセージが贈られ、佐藤には広島時代に苦楽をともにし、同じ双子Jリーガーとして活躍した森﨑兄弟や、日本代表の森保一監督、北海道コンサドーレ札幌のミハイロ・ペトロビッチ監督から思いが伝えられた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング