塩谷司、広島時代の“先輩”佐藤寿人の現役引退に惜別ショット公開 「まだやれるじゃん」「忘れません」

アル・アインDF塩谷司(左)と千葉FW佐藤寿人【写真:Getty Images】
アル・アインDF塩谷司(左)と千葉FW佐藤寿人【写真:Getty Images】

広島時代に3度のJ1優勝を経験した塩谷司、佐藤寿人へ惜別メッセージ

 UAE1部アル・アインに所属するDF塩谷司が公式インスタグラムを更新した。19日に今季限りで現役引退を発表したジェフユナイテッド千葉の元日本代表FW佐藤寿人への思いを吐露。サンフレッチェ広島時代の先輩に「可愛がってくれたこと一生忘れません」と惜別のメッセージを送っている。

 ジェフユナイテッド市原(当時)の下部組織で育ち、2000年にトップ昇格を果たした佐藤は、02年セレッソ大阪、03年ベガルタ仙台を経て、05年から広島に移籍。16年まで在籍し、現在日本代表を率いる森保一監督が指揮を執っていた12年、13年、15年にはJ1制覇を成し遂げた。17年に名古屋グランパスへ、19年から古巣の千葉に復帰。歴代2位のJ1通算161得点、歴代最多のJリーグ通算220得点、J2と合わせて12年連続2桁得点を達成し、08年にはJ2で、12年にはJ1で得点王を掴み取った。

 日本を代表するストライカーの佐藤だが、今季は9試合2得点。38歳FWは、21年のキャリアに幕を閉じることを決意し、19日に今季限りでの現役引退を発表した。

 一方の塩谷は2011年に水戸ホーリーホックでキャリアをスタートし、12年途中に広島へ移籍。17年からUAEの強豪アル・アインでプレーしている。佐藤とは3度のJ制覇をともに経験した。

 そんななか、塩谷が公式インスタグラムを更新。広島時代の一枚で、佐藤から頭を抱かれている写真を投稿し、惜別メッセージを送った。

「まだやれるじゃんとも言いたいしお疲れ様でしたとも言いたい。水戸から広島に移籍した時優しく声をかけてくれた事、練習で何度もゴールを決められた事、私生活でもたくさん可愛がってくれたこと一生忘れません。現役生活お疲れ様でした!」

 塩谷にとっては最高の思い出をともに築いた先輩。前線で輝き続けた佐藤の引退は寂しいものとなったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング