堂安律が握る“昇格組”ビーレフェルトの命運 独メディアも注目「動きが滑らかで機敏」

今年最後の一戦は28戦未勝利のシャルケ、堂安の活躍に期待

 この日の活躍でドイツにおける注目度が一気にアップした堂安は、第12節アウクスブルク戦(0-1)では衛星放送「スカイ・スポーツ」ドイツ版のゲームハイライトでメインに取り上げられていた。

「ビーレフェルトの新しい見どころ。あのペップ・グアルディオラが『彼は非常にいいよ』とも話していた。最初のシュートチャンスも堂安だ。動きが滑らかで機敏。そして素晴らしいシュートテクニックを持っている。ほとんどの攻撃は堂安を経由。ピッチ上どこにでも顔を出し、チームを牽引している」

 だがビーレフェルトは押し気味に試合を進めながらもゴールが奪えない。結局、一瞬のスキを突かれた失点を取り返すことができないまま0-1で敗れてしまった。

 試合後にインタビューに応じた堂安は「たくさんのチャンスを作ったから、そこからゴールを決めないといけなかった。僕自身も1ゴールか1アシストを決めないと。とてもがっかりしている。でもたくさんチャンスを作ったことは間違いないから、次の試合ではそれを生かして、試合に勝つ」と答えている。求められているのは惜しいプレーではないことは分かっている。それだけに、次の試合に向けての気合いは高まっていることだろう。

 今年最後の試合となるその一戦の相手はシャルケ。28戦未勝利という不名誉な記録を更新中で、ブンデスリーガ記録となる31試合連続未勝利まであと3試合に迫っている。第12節フライブルク戦では良いところが全くないまま0-2で敗れているが、そうした状況のチームだからこそ、どんなサッカーをしてくるのか分からない怖さがある。

 ビーレフェルトは組織的な守備で落ち着いて試合を運びながら、相手の綻びを逃さずにゴールを強襲したい。勝てていないチームは、試合の流れを的確に読み取ることができなくなる。フライブルク戦での失点も、自分たちが右サイドで攻撃を仕掛けている最中にボールロストしたところから生まれているが、左サイドバックが足を止めてボールの状況を見てしまったために、最後のところで相手に完全にフリーでシュートを許してしまっている。

 そうしたズレに堂安が上手く流れ込み、ボールを受けることができたら、得点の可能性はかなり高くなるはずだ。大勝する必要はない。1-0の勝利で十分だ。その1点を生むための存在として、堂安の活躍に期待がかかる。


(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)


page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング