堂安律が握る“昇格組”ビーレフェルトの命運 独メディアも注目「動きが滑らかで機敏」

ビーレフェルトMF堂安律【写真:Getty Images】
ビーレフェルトMF堂安律【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】ベテランFWシプロックの起用でビーレフェルト攻撃陣に変化

 日本代表MF堂安律がビーレフェルトで誰よりも重要な戦力になっている。第10節マインツ戦(2-1)で1ゴール1アシストの活躍を見せ、チームを今季2勝目に導いた。

 ただのゴールではない。ただの1勝ではない。

 昇格シーズンを戦うビーレフェルトにとっては、一つひとつのゴールと勝ち点がかけがえのない価値を持つ。得点チャンスは他クラブのように多くはない。味方からのサポートもいつでも十分にあるわけではない。

 単独できっかけを作ろうにも、相手が複数で取り囲んでくる。そうした厳しい状況の中で、シュートチャンスにつながるプレーを見せなければならない。

 マインツ戦のアシストは、左サイドからのセンタリングに対して相手選手より早く落下点に入ると、相手の寄せを力強くブロックしながら、ボールを見事にコントロール。そこからのパスを、MFマヌエル・プリートルがゴールを打ち抜いた。

 加入直後から堂安はチームにとって大事な戦力になっていたが、序盤戦はそれでも決定機を演出するまで持ち込めないことが多かった。局面的には鋭いプレーで打開するが、それがチャンスまで結びつかない。味方の押し上げがなかったり、パスを受けた味方が焦ってボールロストしてしまったり……。そんなビーレフェルトにとって少なからず変化が生まれたのが、FWスベン・シプロックのスタメン起用だ。このマインツ戦からFWファビアン・クロスとの2トップを形成するようになったことで、前線の起点が増えている。

 ブンデスリーガ161試合出場というチームで断トツの数字を持つこのベテラン選手は、ピッチに立つとどんな時でも本当に自分の力のすべてを出しきる。たとえ出場が2分だったとしても、その時間でできるすべてをやりきる。まさに「ボールがピッチから出るまで何が起こるか分からない」と、ぎりぎりのところまで食らいつくことを体現できる選手がチームに大きな力を与えているのだ。

 監督のウーベ・ノイハウスは「スベンは相手にとって非常にやりにくい選手」とその働きを高く評価しているが、その恩恵を堂安も受けている。ボールを収め、ボールを運んだ後にパスを出せる選択肢が増えたことで、ゴール前でボールに絡める頻度がアップ。マインツ戦の得点をアシストしたのもシプロップだった。

page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング