JFA、2021年の年間スケジュール発表 W杯予選は3月に再開…U-24代表は3月・6月・7月に親善試合

日本サッカー協会(JFA)が21年の年間スケジュールを発表【写真:©JFA】
日本サッカー協会(JFA)が21年の年間スケジュールを発表【写真:©JFA】

A代表はW杯予選からスタート U-24代表の五輪前のスケジュールも決定

 日本サッカー協会(JFA)は16日、2021年の年間スケジュールを発表した。新型コロナウイルスの影響で延期となっていたカタール・ワールドカップ(W杯)2次予選は3月に再開。6月にはキリンチャレンジカップ2試合とW杯予選2試合の計4試合を予定している。来年に延期となった東京五輪に臨むU-24日本代表は3月と6月、7月に親善試合を実施する予定となった。

 まず、来年のA代表は3月25日W杯2次予選ミャンマー戦(日産スタジアム)が初戦となり、同30日モンゴル戦(アウェー)に臨む。6月には3日(札幌ドーム)と11日(ノエビアスタジアム)にキリンチャレンジカップ、7日にタジキスタンと11日にキルギスとW杯2次予選(いずれもパナソニックスタジアム吹田)の計4試合を行う予定だ。

 開催が延期になった東京五輪に臨むU-24日本代表は3月に国際親善試合2試合、6月にも2試合に臨む。五輪直前の7月には長居球技場とノエビアスタジアム神戸でのキリンチャレンジカップで最終調整し、同22日からの本番に挑む。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング