イニエスタは「壁を叩いて嘆く姿を見せた」 神戸、2度のVARによる無念の敗退に韓国指摘

ヴィッセル神戸は2つのVARの判定に泣く結果に【写真:AP】
ヴィッセル神戸は2つのVARの判定に泣く結果に【写真:AP】

神戸の“幻の2点目”と蔚山の“オフサイド取り消し”に韓国メディアも注目

 Jリーグのヴィッセル神戸は13日、カタールで行われているAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝の蔚山現代(韓国)戦に臨み、1-2と逆転負けを喫した。初出場での決勝進出を目指したが、120分の死闘の末に力尽きた。後半に起きた2度のビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による判定に泣いたが、韓国メディアは「結局、最後に笑ったのは蔚山だった」と伝えている。

 神戸は準々決勝の水原三星(韓国)戦で、1-1からのPK戦を7-6で制して準決勝に進出。しかし、決勝トーナメント1回戦で負った怪我をそのPK戦で悪化させたように見えた元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、準決勝の登録メンバーから外れた。大黒柱を欠く神戸だったが積極的なゲームを展開すると、後半7分に右CKからMF山口蛍が低く抑えたシュートを決め、1-0と先制に成功した。

 このゴールの後、蔚山が前への圧力を強め神戸が受ける展開に。厳しい時間帯を凌いだ神戸は後半30分、敵陣でボールを奪いカウンターを発動。MF安井拓也がシュートを放ち、相手GKが弾いたところを途中出場のFW佐々木大樹が押し込み貴重な追加点になったと思われた。しかし、VARの進言により、安井がボールを奪った場面で神戸のファウルがあったとしてゴールは取り消された。

 逆に後半36分、蔚山のMFユン・ビッガラムの左足シュートが、前方にいたFWビヨルン・ヨハンセンの足にわずかに当たってコースが変わりゴール内へ。一度はオフサイドの旗が上がり得点は認められなかったが、VARのチェックによりオフサイドはないと判断され、スコアは1-1の振り出しに戻った。

 結局、延長に突入後、後半終了間際に神戸は失点し、決勝進出の夢は潰えた。韓国メディア「イーデイリー」は「結局、最後に笑ったのは蔚山だった」と言及。韓国サッカー専門誌「ベストイレブン」も「VAR運が続いた。蔚山側から見れば、2回のVARのおかげで起死回生となった」と伝え、延長後半1分に神戸がチャンスを逃したシーンについて、「観客席で見守っていたアンドレス・イニエスタは壁を叩いて嘆く姿を見せた」と触れている。

 神戸にとっては、なんとも悔しい結果となってしまった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング