冨安は「ルカクのフィジカルに破壊された」 先制点献上…伊メディアから辛口評価「扇風機の羽のように…」

ルカクとの競り合いに負け失点に関与してしまったボローニャの日本代表DF冨安健洋【写真:AP】
ルカクとの競り合いに負け失点に関与してしまったボローニャの日本代表DF冨安健洋【写真:AP】

ボローニャはインテルに1-3で完敗…冨安は相手FWルカクのフィジカルに苦しむ

 イタリア・セリエAのボローニャに所属の日本代表DF冨安健洋は、現地時間5日の強豪インテル戦にフル出場するもチームは1-3で敗れた。先制点の場面ではベルギー代表FWロメル・ルカクに文字通り“飛ばされた”冨安に対して、イタリアメディアは辛口評価になった。

 ボローニャはインテルを相手に変則的な3バックで臨んだが、前日会見でシニシャ・ミハイロビッチ監督が「どうやって止めれば良いのか」と話した相手エースのルカクにいきなり力を見せられた。前半16分、左サイドからのクロスに対してルカクのマークについた冨安だが、ユニフォームを掴み引き倒そうかというほどのハードマークもガッチリと抑え込まれ、むしろ体の回転に合わせて吹き飛ばされた。最初のシュートはヒットしなかったものの、こぼれたボールをそのまま蹴り込まれた。

 その後、ボローニャは前半終了間際と後半にMFアクラフ・ハキミに2ゴールを奪われた。1点こそ奪ったものの、完敗という内容だった。

 1点目のインパクトがあまりにも大きかった試合に、イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は冨安を「5点」として「ペナルティーエリア内の中央でルカクのフィジカルに破壊された。ベルギー人FWは彼のマークから外れて先制点を奪った」と、実質的にルカクを褒め称えるような寸評だった。

 また、サッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」では冨安を「4.5点」として「最高の夜ではなかった。ルカクへの“ボディチェック”では扇風機の羽のように芯に付いて回ったが吹き飛ばされた」と、現在のサッカー界での“重量級”FWとして最高レベルのルカクへの苦しいマッチアップが表現された。

 これまでにもユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドや、ACミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチといった世界的な名ストライカーと対戦してきた冨安だが、ルカクの存在はあまりにも大きかったのかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド