“悲劇のゴール”が反響拡大 得点代償のポスト直撃に海外感嘆「ホラー級の衝突」

スタンダール・リエージュでプレーするFWドゥイェ・チョプ【写真:Getty Images】
スタンダール・リエージュでプレーするFWドゥイェ・チョプ【写真:Getty Images】

スタンダールFWチョプがゴール後に勢い余ってポスト直撃でハーフタイムに交代

 ベルギー1部スタンダール・リエージュは、現地時間3日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第5節レンジャーズ(スコットランド)戦で2-3と敗れた。前半40分に生まれた一時勝ち越しとなる“悲劇のゴール”の反響が拡大している。

 前半6分にベルギー代表MFマクシム・レスティエンヌのゴールで先制したスタンダール。同点に追いつかれて迎えた前半40分に珍場面が発生する。

 カメルーン代表DFコリンズ・ファイのロングクロスがファーサイドに流れ、走り込んだクロアチア代表FWドゥイェ・チョプの元へ。チョプは太ももでなんとか合わせて強引にボールを押し込んだが、勢い余って左ポストに直撃。股間を強打してしばらく動けず、ハーフタイムでFWミシェル・アンジュ・バリクウィシャとの交代を余儀なくされた。

 チョプにとって“追い打ち”となったのは、その後チームも2失点を喫し、レンジャーズに逆転負けを喫したことだろう。

 クロアチアのスポーツメディア「gol.hr」は、「信じられないゴール。残酷にもポストにぶつかって負傷した」と注目。ルーマニアのサッカー専門サイト「gsp.ro」は「ホラー級の衝突」と、チョプがポストに直撃したダメージの大きさを伝えている。

 また、フランスの日刊紙「La Derniere Heure」は、ポスト衝突覚悟とも言える体を張ったゴールに対して、「ドゥイェ・チョプの強い精神コマンドは尊敬に値」と賛辞を送っている。

 負傷交代となったチョプが大事に至らないことを祈るばかりだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング