鹿島の東京五輪世代FW、浦和の守備を切り裂く豪快ミドル弾に称賛 「うますぎやろ」

先制点に続き貴重な追加点を決めた鹿島アントラーズFW上田綺世【写真:小林 靖】
先制点に続き貴重な追加点を決めた鹿島アントラーズFW上田綺世【写真:小林 靖】

豪快ヘッドで先制点を奪ったあと、後半5分にはペナルティーエリア外から追加点

 鹿島アントラーズは29日、J1リーグ第30節で浦和レッズと対戦し、4-0で勝利した。東京五輪世代のFW上田綺世が2ゴールを挙げる活躍を見せたが、浦和の守備を切り裂く2点目の豪快ミドル弾に称賛が集まっている。

 来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内となる3位以内でのフェニッシュに向けて、可能性を残す鹿島は攻撃陣がキレのある動きを見せる。

 前半11分、2トップの一角に入ったFWエヴェラウドが左サイドからクロスを上げると、それに合わせて飛び込んできた上田が鮮やかなダイビングヘッドを突き刺し、貴重な先制点を奪う。

 さらに後半5分、MFファン・アラーノからパスを受けた上田はペナルティーアーク後方から右足をコンパクトに振り抜く。浦和DF槙野智章とDFトーマス・デンの間を抜いた強烈なシュートは相手GK西川周作の手を弾き、ポストをかすめてネットを揺らした。

 上田は後半27分にMF遠藤康と交代したが、この日の2点で今季リーグ戦8ゴールに到達。中継を担当した「DAZN」公式ツイッターが「中央から鋭い一撃 細かいパスで中央を崩し、上田綺世が今日2点目となる見事なフィニッシュで仕留めた」と動画を公開すると、ファンからは「足の振りがコンパクトで強烈」「うますぎやろ」「マジでナイスゴール」と感嘆の声が上がった。

 鹿島は後半19分にエヴェラウド、後半36分にMFレオ・シルバが追加点を奪い、4-0で快勝している。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド