リバプール快勝劇のなか… 終盤投入の南野、厳しい立場を物語る“たった一言”の英紙寸評

途中出場した南野拓実【写真:AP】
途中出場した南野拓実【写真:AP】

リバプールは難敵レスターに3-0の勝利 南野は後半44分から途中出場

 リバプールは現地時間22日、プレミアリーグ第9節でレスター・シティと対戦し、3-0で快勝した。英地元紙は採点で3選手に最高評価を与えていたなか、後半44分からの途中出場となった日本代表MF南野拓実に対しての寸評は、たった一言の挨拶で済ませている。

 昨季30年ぶりのリーグ優勝を達成したリバプールだが、現在は離脱者続出の野戦病院となっている。オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク、イングランド代表DFジョー・ゴメス、同DFトレント・アレクサンダー=アーノルド、同MFジョーダン・ヘンダーソンが負傷離脱しており、エースのエジプト代表FWモハメド・サラーは新型コロナウイルス感染で隔離状態にある。

 主力の大半を欠いたなか、前節終了時点で首位に立っていたレスターをホームに迎え撃ったが、試合は前半21分にCKから相手DFジョニー・エヴァンズのオウンゴールを誘発すると、同41分に左サイドからのクロスをポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタが頭で叩き込み追加点。後半41分にはCKをブラジル代表FWロベルト・フィルミーノがヘディングで突き刺し、3点差の圧勝劇となった。

 南野は後半44分からの投入となり、アディショナルタイム含めて5分ほどの出場となったが、わずかな時間の中で印象的なプレーを残すには至らなかった。英地元紙「リバプール・エコー」はレスター戦に出場した選手を10点満点で採点し、ジョッタ、元イングランド代表MFジェームズ・ミルナー、そして19歳のMFカーティス・ジョーンズに最高評価の9点を与えていた。

 一方、南野は出場時間がわずかだったため採点評価の対象とはならなかったが、ボールに関与するプレーも最低限だったため、寸評では「Good evening sir(こんばんは)」の一言だけが添えられていた。ポジションを争う新戦力ジョッタの大爆発もあり、チーム内で存在感が薄まりつつある南野だが、リバプールの地元紙がたった一言の挨拶のみで済ませている状況が、厳しい立場を物語っているようだった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング