吉田麻也&冨安健洋、代表ウィーク直後の“直接対決”へ 両者スタメン出場を伊メディア予想

日本代表DF吉田麻也と同DF冨安健洋【写真:Getty Images】
日本代表DF吉田麻也と同DF冨安健洋【写真:Getty Images】

22日のサンプドリア対ボローニャは注目の一戦に

 イタリア・セリエAでは現地時間22日、サンプドリアとボローニャの対戦が予定されている。日本代表DF吉田麻也と同DF冨安健洋の直接対決となるなか、イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、両者のスタメン出場を予想した。

 ともに日本代表としてオーストリアで行われた13日のパナマ戦(1-0)と17日のメキシコ戦(0-2)に参加していたセンターバック2人。「トゥットメルカートウェブ・コム」によると、クラブに戻って初戦となるこの一戦ではともにセンターバックとしてスタメン出場する見込みだという。

 吉田は今季、リーグ開幕戦のユベントス戦が後半45分間の出場で、次節はベンチで試合を見守ったが、第3節からは全ての試合にスタメン出場。完全にレギュラーの座を確保している。

 また、冨安は今季からクラブでの主戦場を右サイドバックからセンターバックに移しているが、ここまで開幕以来7試合連続でフル出場と、守備の要としての地位を確立。両者はその充実度そのままにピッチ上で対峙することになりそうだ。

 センターバック同士ということもあり、基本的にはどちらが我慢強く試合を進められるかの勝負になるが、セットプレーでは攻撃参加して直接ゴールを争う場面もあるかもしれない。果たして、最終ラインに鍵をかけてチームの勝利に貢献するのはどちらになるか、注目の顔合わせになる。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング