ラインズマンの好ジャッジ!? ライン上でボールが止まる珍事、戸惑う名古屋DFに反響拡大

名古屋グランパスDF吉田豊【写真:佐藤彰洋】
名古屋グランパスDF吉田豊【写真:佐藤彰洋】

名古屋対FC東京戦、副審の様子を確認したDF吉田豊の姿にファン反応

 名古屋グランパスのDF吉田豊は、15日に行われたJ1リーグ第27節・FC東京戦(1-0)でボールがゴールラインを割るギリギリの位置でストップする珍しいシーンに直面し、その対応が反響を呼んでいる。

 来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内の3位を巡る上位対決は、前半から手堅い守備をベースとする両者が互角の攻防を演じた。そして0-0で推移した試合は、後半アディショナルタイムにドラマが生まれる。名古屋FWマテウスのシュートがペナルティーエリア内で相手のハンドを誘いPK判定。これをマテウスが決めて、ホームの名古屋が劇的な勝利を収めた。

 1点を争う緊迫したゲームとなったが、前半に豊田スタジアムが沸くシーンがあった。前半34分、名古屋がFC東京の波状攻撃を受けるなか、自陣左サイドでマテウスと相手DF中村帆高が対峙。中村は縦にボールを蹴って突破を試みるが、ボールのみが転がり、カバーリングに入った名古屋DF吉田がクリアを試みようとした。

 その時、試合を中継する「DAZN」でも味方から「アウト、アウト」という声がかかっていたことが確認でき、吉田はクリアせずにボールがゴールラインを割るのを見守った。だが次第に勢いをなくし、ボールの端が完全にラインを割らない状態でストップ。まさかの事態に吉田は、後方にいた副審の様子を振り返って見るがフラッグは上がらず。一瞬、戸惑う様子を見せたことで場内も沸いたが、吉田はすぐにボールを前に運び前方へパスを供給した。この珍しいシーンはSNS上でも反響が拡大している。

「ボールが出て…ない!」
「こんなん見るん初めて」
「実況つけてもらわないとダメなやつですよね?大爆笑」
「目の前で見たけどみんな笑ってたなぁ」
「角度の問題よねー」
「最後までしっかりボールを確認したラインズマンのいい仕事」

 この珍シーンは、今季のJリーグのハイライトの一つとなるかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング