「粘り強く戦い続けてくれた」 森保監督、メンバー変更&3バック挑戦でパナマ戦勝利「内容も良くなった」

日本代表の森保監督【写真:Getty Images】
日本代表の森保監督【写真:Getty Images】

“新10番”南野拓実のPK弾が決勝点

 森保一監督率いる日本代表は13日、オーストリア・グラーツで行われた国際親善試合パナマ戦で1-0の勝利を収めた。10月のオランダ遠征に続いて欧州組だけで構成されたなか、指揮官はスタートからシステム「3-4-2-1」を採用。前半は攻撃面で苦戦したが、後半16分に1トップを務めた“新10番”MF南野拓実(リバプール)がPKを決めた。この先制点が決勝点となった。

 流れを変えたのは森保監督も信頼を置く南野だった。前半は攻撃面で苦しんだものの、後半に入って徐々に改善。すると同14分、後半頭から投入されたMF遠藤航(シュツットガルト)からMF久保建英(ビジャレアル)、南野とつなぎ、ペナルティーエリア内で倒された南野がPKを獲得した。これを同16分に自ら真ん中にけり込んで待望の先制点をマーク。南野の森保ジャパン最多12点目が決勝点となった。

 この日、指揮官は試合開始から「3-4-2-1」を採用。最終ラインにDF板倉滉(フローニンゲン)とDF植田直通(セルクル・ブルージュ)が入り、主将のDF吉田麻也(サンプドリア)の両脇を固めた。前線に南野が1トップ久保とMF三好康児(アントワープ)が2シャドーに構えた。前半はなかなかボールを前線へ運べず、苦戦。森保監督はハーフタイムに球際に強い遠藤をピッチに送り込むと、後半から連係も改善された。指揮官は手応えと課題を口にした。

「チームとして選手を大幅に入れ替えて、戦術的なところでもシステムを変更してトライしたり、なかなか合わないところもありましたけど、選手たちは粘り強く戦い続けてくれた。時間が経つごとに内容も良くなった。無失点に抑えて勝つことができたのは良かったけど、まだまだ1-0から2-0、3-0にできる場面があった。そこを仕留めていくことを次の課題にしたい」

 10月に1-0で勝利したコートジボワール戦に続いて白星を飾った日本代表は、17日(日本時間18日)にメキシコと戦う。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング