3バック採用の日本代表、攻撃面で苦戦 南野&久保らパスワークも崩せず0-0で後半へ

前半ドリブルなどで攻撃を活性化させた日本代表MF三好康児【写真:Getty Images】
前半ドリブルなどで攻撃を活性化させた日本代表MF三好康児【写真:Getty Images】

パナマとオーストリアで対戦、時間の経過とともに思うように前進できず

 日本代表は現地時間13日、オーストリアのグラーツでパナマ代表との国際親善試合に臨み、前半を0-0で終えた。

 先月のオランダ遠征に続き、欧州クラブに所属する選手だけで構成された日本は、試合開始から3-4-2-1を採用。最終ラインにDF板倉滉とDF植田直通が入り、主将のDF吉田麻也の両脇を固めた。前線はFW南野拓実が1トップ、MF久保建英とMF三好康児が2シャドーに構えた。

 試合開始直後の日本はシンプルな縦パスでチャンスを作り、植田の縦パスに南野が一気に抜け出した場面もあったがシュートはヒットせず。逆に、時間の経過とともにパナマのプレッシングに苦しんでスムーズに前進できなくなっていった。

 最終ラインと中盤のラインが自陣でブロックを組んだ守備で、パナマに決定的な突破こそ許さなかったものの、ボールを奪った後の前進に苦慮した。ボールを受けに下がった選手が厳しいマークを受けて狭いエリアでのボールロストが増え、アタッキングサードに入る回数を増やせず。一方で、相手ボール時にはパナマの選手をペナルティーエリア内にほとんど侵入させず、双方ともにビッグチャンスを作れず0-0でハーフタイムを迎えた。


【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング