CL2発のモラタ、相棒ロナウドの“神通力”に期待 「最も高いところまで連れて行ってくれる」

ユベントスのスペイン代表FWアルバロ・モラタ【写真:AP】】
ユベントスのスペイン代表FWアルバロ・モラタ【写真:AP】】

レアル時代にも共闘したロナウドは「説明するまでもない素晴らしいパートナー」

 ユベントスは、現地時間4日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節のフェレンツヴァロスTC(ハンガリー)戦で4-1の勝利を収めた。新型コロナウイルスの陽性反応が出たため離脱していたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのCL復帰戦となったなか、2ゴールを挙げる活躍を見せたスペイン代表FWアルバロ・モラタのコメントを、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

 ユベントスは前半7分にコロンビア代表MFフアン・クアドラードが右サイドから折り返したボールを、ロナウドがスルー。ゴール前に走り込んでいたモラタが先制点を挙げる。その後もロナウドとの好連携を見せていたモラタは、後半15分にもロナウドのパスからゴールを決めてリードを2点に広げた。その後も、途中出場のアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラのゴールとオウンゴールで加点したユベントスが4-1で勝利している。

 夏の移籍市場でアトレティコ・マドリードからユベントスへレンタル移籍したモラタは、過去にも2014年から2シーズンにわたってユーベでプレー。再び白と黒の縦縞のユニフォームをまとってプレーすることになり、「ここでは僕が必要とされていると感じ、愛されていると感じるんだ。ここには僕が必要とするもの、すべてがある。このチームのために、もっともっと改善する点はあるし、それができれば、もっと遠くに行くことができると思う」と、クラブへの愛着と今後への自信を示した。

 また、プロデビューした直後とユーベから復帰したあとのレアル・マドリード時代にも一緒にプレーした経験のあったロナウドについても、「クリスティアーノについて、今さら僕がどんなプレーをするか、何を成し遂げたか、説明するまでもないだろう。彼は素晴らしいパートナーだ。誰とでもたくさん話をするし、全員を助け、チームを一つ上のレベルに引き上げてくれる。彼は僕たちにとって、最も重要な選手だし、彼が僕たちを最も高いところに連れて行ってくれることを期待しよう」とコメントしている。

 モラタとロナウドのコンビは、今後も他クラブの脅威となりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング