C大阪DF瀬古歩夢、日本代表の“登竜門”ニューヒーロー賞を受賞! クラブ史上初選出

セレッソ大阪DF瀬古歩夢【写真:佐藤彰洋】
セレッソ大阪DF瀬古歩夢【写真:佐藤彰洋】

ルヴァンカップの今年度ニューヒーロー賞はC大阪期待の若手DF瀬古歩夢が受賞

 日本代表への“登竜門”とも言われるYBCルヴァンカップの今年度ニューヒーロー賞にセレッソ大阪DF瀬古歩夢が選出された。瀬古はルヴァンカップにおいてグループステージ3試合とプライムステージ1試合、所属クラブ出場試合すべてに出場し、ストッパーとして活躍。リーグ戦でもここまで出場した20試合のうち19試合に先発フル出場を果たすなど、大会を通じて成長するというニューヒーロー賞にふさわしい活躍を見せたことが評価された。

 ニューヒーロー賞は、21歳以下の選手を対象とした“日本代表への登竜門”とも言われる賞。過去の受賞者には第1回の元日本代表の名波浩氏から始まり、高原直泰(沖縄SV)や長谷部誠(フランクフルト)、現日本代表の原口元気(ハノーファー)ら錚々たるメンバーが名を連ねている。瀬古の所属するC大阪からは初めての選出となった。瀬古は喜びのコメントを発表している。

「ルヴァンカップのニューヒーロー賞に選出していただき、とても光栄です。ルヴァンカップはもうすでに敗退してしまって残念ですが、リーグ戦ではもっともっと活躍して、チームのために全力で戦っていきたいと思っています。これからは、Jリーグを盛り上げ、そして、世界に羽ばたいていける選手になれるよう頑張っていきたいと思います」

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング