横浜FMの助っ人FW、E・ジュニオがJ2長崎へ期限付き移籍 「誇りに思ってもらえる結果を…」

横浜F・マリノスのFWエジガル・ジュニオがV・ファーレン長崎に期限付き移籍することが決定【写真:高橋 学】
横浜F・マリノスのFWエジガル・ジュニオがV・ファーレン長崎に期限付き移籍することが決定【写真:高橋 学】

今季はJ1で16試合3得点 昇格を争うJ2終盤戦でのゴール量産に期待

 横浜F・マリノスは29日、バイーアから期限付き移籍中のブラジル人FWエジガル・ジュニオが、J2のV・ファーレン長崎に期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は2021年1月1日までで、 2020シーズンの公式戦における横浜FMとの対戦には出場できない。

 現在29歳のエジガル・ジュニオは、昨季横浜FMに加入し、開幕戦のゴールを皮切りにJ1リーグ戦16試合11ゴールと活躍。7月に左足関節骨折で長期離脱となったが、チームの15年ぶりとなるJ1制覇に貢献した。2年目となる今季はリーグ戦16試合3得点の成績にとどまるなかで、長崎への期限付き移籍発表となった。横浜FM公式サイトを通じて、「日本に初めて来たときに皆さんからとても温かく迎え入れてもらい、 とても嬉しかったことを覚えています。それと同時に、 常に熱い応援でチームを後押ししてくれていたたくさんのサポーターの姿に驚かされました」と、感謝の言葉を綴っている。

 一方、新天地となる長崎はJ2リーグ第29節終了時点で3位。自動昇格圏の2位徳島ヴォルティスとは勝ち点「5」差と熾烈な争いを繰り広げている。勝負の終盤戦へ向けての加入となったエジガル・ジュニオは、クラブを通じて「チームメイトと共にクラブの目標を達成できるよう全力を尽くすことを約束します。一緒に多くの勝利を手にして喜びを分かち合い、みなさんに誇りに思ってもらえる結果を手にしたいです」とコメント。J1昇格に向けてゴール量産を誓っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング