ビーレフェルト堂安、意地のドイツ初アシスト記録 海外記者も称賛「見ていて面白い」

ビーレフェルトMF堂安律は初アシストを記録【写真:Getty Images】
ビーレフェルトMF堂安律は初アシストを記録【写真:Getty Images】

2点ビハインドの後半35分、FWシプロックのゴールを右足でのアシストで演出

 ドイツ1部ビーレフェルトは現地時間25日、ブンデスリーガ第5節でヴォルフスブルクと対戦。1-2と敗れて3連敗を喫したなか、日本代表MF堂安律が意地の今季初アシストを記録した。

 堂安は開幕から5試合連続でスタメン出場を果たし、右サイドハーフに入った。しかし、試合は前半19分にオランダ代表FWボウト・ベグホルストのゴールで先制を許すと、直後にもMFマクシミリアン・アルノルトに決められ、2分間で2失点を喫してしまう。

 ビーレフェルトはなかなか反撃の糸口を見出せないなか、ようやくゴールをこじ開けたのが後半35分だった。一度は速攻を跳ね返されたが、堂安がペナルティーエリア内右隅から右足で中央へピンポイントパスを供給。FWスベン・シプロックがダイレクトで合わせてゴール左隅に突き刺し、1点を返した。

 結局、ビーレフェルトはその後同点に追いつけず1-2で敗戦となったが、堂安は移籍後初アシストで、ドイツ初得点を挙げた前節のバイエルン戦(1-4)に続いてゴールに絡む意地を見せた。

 ブンデスリーガ公式サイト英語版にも寄稿しているジャーナリストのダニエル・ピンダー氏は、自身のツイッターで「リツ・ドウアンは見ていて面白い。彼はすべてのことを軽々とやってのける」と称えている。

 昇格組ビーレフェルトの中で、攻撃オプションとしてのプライオリティーを着々と高めていると言えそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング