日本代表、オーストリア遠征で11月13日パナマ代表と対戦が決定! 森保監督「粘り強さを持つチーム」

11月13日にパナマ代表との対戦が決定【写真:ⓒJFA】
11月13日にパナマ代表との対戦が決定【写真:ⓒJFA】

同17日にはメキシコ代表と対戦

 日本サッカー協会(JFA)は22日、日本代表が11月13日にオーストリアで国際親善試合を開催し、パナマ代表と対戦することを発表した。同17日に対戦するメキシコ戦と同じくオーストリア・グラーツ市で無観客試合(リモートマッチ)によって行われる。

 10月のオランダ遠征によるアフリカ勢2連戦に続き、欧州での2試合。森保一監督は「メキシコに続き、2018年ロシア・ワールドカップにも出場した強豪・パナマと対戦できることが決まり、ご尽力いただいた皆さんに感謝します。パナマとは2018年に対戦しましたが、フィジカルが強く、前への推進力があり、ホイッスルが鳴るまであきらめずにプレーをし続ける粘り強さを持つチームという印象を抱いています。我々もそれに負けない粘り強さ、しぶとさをピッチで出し、勝利という結果を残したいと思います」と、強化試合が実現し喜びを示した。

 パナマ戦は現地時間の午後3時15分(日本時間午後10時15分)にキックオフし、フジテレビ系列で生中継される。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング