AFC“週間ベスト選手”候補に日本人3人をピックアップ 「素晴らしい得点」「傑出した守備」

(左から)橋本拳人、吉田麻也、堂安律【写真:GettyImages & FC Rostov】
(左から)橋本拳人、吉田麻也、堂安律【写真:GettyImages & FC Rostov】

国際Aマッチウィークが明け、海外で活躍したアジア人選手を選出

 AFC(アジアサッカー連盟)が海外で活躍したアジア人選手を特集した。国際Aマッチウィークが明け、各国リーグ戦が再開。そのなかで攻守に目立ったアジア人選手を、週間ベストプレーヤーとしてAFCがピックアップしている。日本人選手からはDF吉田麻也(サンプドリア)、MF橋本拳人(ロストフ)、MF堂安律(ビーレフェルト)が候補者に選出された。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 最初に名が挙がったのが、トッテナムの韓国代表FWソン・フンミン。プレミアリーグ第5節ウェストハム戦(3-3)で1ゴール1アシストをマークした。

 この韓国代表エースに続いたのが橋本だ。「素晴らしい得点を挙げたもう1人の選手」として紹介され、9試合5ゴールで得点ランク4位の成績を称えられている。橋本は現地時間18日に行われたリーグ第11節アフマト・グロズヌイ戦(3-0)で1ゴールをマーク。インサイドハーフの一角に入り、前半24分、右サイドのスローインからつないで回ってきた浮き球のボールをファーサイドで合わせ、打点の高いヘディングを敢行。シュートは相手GKの逆を突き、ゴール右隅に決まった。高い得点力にAFCも驚く活躍のようだ。

 続いてリストアップされたのが、主将の吉田。現地時間17日の強豪ラツィオ戦にフル出場し、3-0の勝利に大きく貢献した。吉田は開幕のユベントス戦では後半からの出場となるなど、レギュラー争いでポジションを完全に確保しているとは言えない状況だったが、日本代表のオランダ遠征明けとなったタイミングでスタメンを奪取。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)に出場する強豪の攻撃を無失点で退けた。これをAFCも絶賛している。

「先週、アジア人選手が何人かゴールを決めたが、傑出した守備を見せたのは日本の主将吉田麻也だった。代表チームの無失点後、32歳はサンプドリアで堅実なパフォーマンスを見せ、イタリアのマスコミから称賛された」

 バイエルン・ミュンヘン相手にブンデス初ゴールを決めた堂安も名を連ねた。現地時間17日のブンデスリーガ第4節、4点リードを許したなか同13分に意地を見せた。ビーレフェルトはカウンターを仕掛け、右サイドを駆け上がってきた堂安がパスを受けると、フランス代表DFベンジャマン・パバールがチェックに来るなか、堂安は縦に仕掛けて相手が足を出してきた瞬間に、利き足とは逆の右足でシュートを放った。パバールの股を抜いた一撃が名手マヌエル・ノイアーの手の先を抜け、左ポストをかすめてネットを揺らした。

「2016年のAFC年間最優秀若手選手はワールドカップ優勝メンバーのDFベンジャマン・パバールを翻弄して股下から決めた」

 ほかにHNKゴリツァのイラク代表MFイロアン・ハマドや、メルボルン・シティWFCのオーストラリア女子代表MFエミリー・ファン・エグモンド、バンクーバー・ホワイトキャップスのイラン代表MFサイード・エザトラヒ、AEKアテネFCのイラン代表FWカリム・アンサリファルド、アーセナルのオーストラリア女子代表FWケイトリン・フォードら候補者が挙がるなか、日本人選手の活躍も目立ったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」