ビーレフェルト堂安が移籍後初ゴール 技ありの“逆足弾”を海外称賛「ノイアーはノーチャンス」

移籍後初ゴールを決めたビーレフェルトMF堂安律【写真:Getty Images】
移籍後初ゴールを決めたビーレフェルトMF堂安律【写真:Getty Images】

4点ビハインドの後半13分、個人技から右足でシュートを放ち、移籍後初ゴール

 ドイツ1部ビーレフェルトは現地時間17日、ブンデスリーガ第4節でバイエルンと対戦。4失点で敗れるなか、日本代表MF堂安律がドイツ王者相手に移籍後初ゴールを挙げて意地を見せた。

 日本代表のオランダ遠征を終えて、所属クラブに戻った堂安は、バイエルン戦に右サイドでスタメン出場。しかし、昇格組のビーレフェルトは前半から王者に力の差を見せつけられた。

 前半8分に元ドイツ代表FWトーマス・ミュラーに先制を許すと、ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキにも2ゴールを奪われて、前半だけで3点ビハインド。さらに、後半開始早々にも失点してリードを4点に広げられたなか、同13分に堂安が意地を見せた。

 ビーレフェルトはカウンターを仕掛け、FWファビアン・クロスがペナルティーエリア手前でマーカー2人を引きつけて右サイドを駆け上がってきた堂安へパス。フランス代表DFベンジャマン・パバールがチェックに来るなか、堂安は縦に仕掛けて相手が足を出してきた瞬間に右足でシュートを放つ。相手の股を抜いた一撃が名手マヌエル・ノイアーの手の先を抜け、左ポストをかすめてネットを揺らした。

 堂安は今季オランダ1部PSVから移籍して、これが嬉しい移籍後初ゴール。オランダのサッカー専門サイト「VoetbalPrimeur」は「堂安から素晴らしい一撃。バイエルンGKマヌエル・ノイアーはノーチャンス」と報じている。

 試合には1-4で敗れたが、堂安は移籍後初ゴールで勢いに乗りたいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング