まるでゲーム? メッシの神業“リフト突破”8連発にファン衝撃「超絶マジシャン」

バルセロナで長年活躍するFWリオネル・メッシ【写真:AP】
バルセロナで長年活躍するFWリオネル・メッシ【写真:AP】

CL公式SNSが華麗なリフト技で相手を置き去りにした8つのシーンの映像を投稿

 “現代最強”フットボーラーの1人であるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、これまで幾多のスーパープレーで観る者を驚かせてきた。時として常人離れのテクニックを披露して世界中のファンを魅了しているが、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)公式SNSは相手と対峙した際、ボールリフトで突破する華麗なスキルに注目。8つのシーンの映像を公開すると、海外ファンから「フットボールの神」「超絶マジシャン」など感嘆の声が上がっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 現在33歳のメッシはバルセロナの下部組織で育ち、2004年にトップデビュー。スペインの名門で今季17シーズン目を迎えており、これまでリーガ・エスパニョーラ優勝10回やCL制覇4回など数々のタイトル獲得に貢献してきた。また個人としてもバルサですでに600ゴール以上を奪っており、バロンドールを史上最多6度受賞するなど数えきれないほどの記録を打ち立ててきた。

 そんな“生ける伝説”の華麗なプレーに再注目したのが、CL公式SNSだ。同公式ツイッターは「繊細なリフトとコントロールされたフリック、メッシの優雅さ」と綴り、47秒間に編集された動画を公開。8つの試合で、ボールを浮かせて相手をひらりとかわすシーンが収められている。

 1つ目のセルティック戦の映像では、右タッチライン際でボールを受けたメッシが、相手が飛び込んできた瞬間に左足アウトで浮かせて回避。相手はそのままピッチに倒れ込んだ。2つ目のアーセナル戦でのかわし方も凄まじい。右から猛烈な勢いでスライディングタックルを仕掛けてくるも、寸前で左足でボールを高く上げて一回転。何事もなかったかのように、ドリブルを再びスタートさせた。

 3つ目、4つ目の飛び出してきた相手GKの鼻先でボールを浮かせてゴールを奪うテクニックは、メッシだからこその離れ業だろう。その後も華麗なシャペウなどが収録されており、異次元の輝きを放っている。

 この動画が投稿されたCL公式ツイッターとインスタグラムのコメント欄では、数多くの海外ファンが反応。「真の一流!」「芸術的なフットボーラー」「美しい」「メッシはフットボールの神」「異次元」「超絶マジシャン」といった称賛のほか、「彼のスキルと動きは、フットボールのビデオゲームのそれに本当に似ている」とゲーム内の動きを引き合いに出す者もいれば、「メッシ=オリベル・アトム」と漫画『キャプテン翼』の主人公である大空翼のスペイン名を挙げるファンもいた。

 いずれにしても、一瞬で相手を無力化する超絶タッチによる“リフト突破”は、メッシにしかできない異次元のスキルと言えそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」