まるでゲーム? メッシの神業“リフト突破”8連発にファン衝撃「超絶マジシャン」

バルセロナで長年活躍するFWリオネル・メッシ【写真:AP】
バルセロナで長年活躍するFWリオネル・メッシ【写真:AP】

CL公式SNSが華麗なリフト技で相手を置き去りにした8つのシーンの映像を投稿

 “現代最強”フットボーラーの1人であるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、これまで幾多のスーパープレーで観る者を驚かせてきた。時として常人離れのテクニックを披露して世界中のファンを魅了しているが、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)公式SNSは相手と対峙した際、ボールリフトで突破する華麗なスキルに注目。8つのシーンの映像を公開すると、海外ファンから「フットボールの神」「超絶マジシャン」など感嘆の声が上がっている。

 現在33歳のメッシはバルセロナの下部組織で育ち、2004年にトップデビュー。スペインの名門で今季17シーズン目を迎えており、これまでリーガ・エスパニョーラ優勝10回やCL制覇4回など数々のタイトル獲得に貢献してきた。また個人としてもバルサですでに600ゴール以上を奪っており、バロンドールを史上最多6度受賞するなど数えきれないほどの記録を打ち立ててきた。

 そんな“生ける伝説”の華麗なプレーに再注目したのが、CL公式SNSだ。同公式ツイッターは「繊細なリフトとコントロールされたフリック、メッシの優雅さ」と綴り、47秒間に編集された動画を公開。8つの試合で、ボールを浮かせて相手をひらりとかわすシーンが収められている。

 1つ目のセルティック戦の映像では、右タッチライン際でボールを受けたメッシが、相手が飛び込んできた瞬間に左足アウトで浮かせて回避。相手はそのままピッチに倒れ込んだ。2つ目のアーセナル戦でのかわし方も凄まじい。右から猛烈な勢いでスライディングタックルを仕掛けてくるも、寸前で左足でボールを高く上げて一回転。何事もなかったかのように、ドリブルを再びスタートさせた。

 3つ目、4つ目の飛び出してきた相手GKの鼻先でボールを浮かせてゴールを奪うテクニックは、メッシだからこその離れ業だろう。その後も華麗なシャペウなどが収録されており、異次元の輝きを放っている。

 この動画が投稿されたCL公式ツイッターとインスタグラムのコメント欄では、数多くの海外ファンが反応。「真の一流!」「芸術的なフットボーラー」「美しい」「メッシはフットボールの神」「異次元」「超絶マジシャン」といった称賛のほか、「彼のスキルと動きは、フットボールのビデオゲームのそれに本当に似ている」とゲーム内の動きを引き合いに出す者もいれば、「メッシ=オリベル・アトム」と漫画『キャプテン翼』の主人公である大空翼のスペイン名を挙げるファンもいた。

 いずれにしても、一瞬で相手を無力化する超絶タッチによる“リフト突破”は、メッシにしかできない異次元のスキルと言えそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング