鎌田大地の“台頭”で2列目争い激化 センス光るトップ下で抜群の存在感「無理してでも僕のところに」

コートジボワール戦にトップ下としてスタメン出場したMF鎌田大地【写真:ⓒJFA】
コートジボワール戦にトップ下としてスタメン出場したMF鎌田大地【写真:ⓒJFA】

コートジボワール戦はトップ下でフル出場 「焦れずに我慢していたらチャンスも出てくる」

 森保一監督率いる日本代表は14日、オランダ・ユトレヒトで行われた国際親善試合コートジボワール戦で1-0の勝利を収めた。後半ロスタイムにDF植田直通(セルクル・ブルージュ)が劇的なヘディング弾を挙げ、今年初勝利。トップ下でフル出場したMF鎌田大地(フランクフルト)は、無得点に終わったものの、抜群のセンスを見せた。鎌田のアピール成功で2列目はさらなる競争を生みそうだ。

 大いに存在感を発揮した。国際Aマッチ6試合目の鎌田はトップ下で先発。前半2分、いきなりMF伊東純也(ヘンク)からのパスに反応し、FW鈴木武蔵(ベールスホット)の抜け出しを見逃さず、DFの裏を突くスルーパスを出した。同28分には伊東からのクロスのこぼれ球に詰めるも相手DFのブロックに遭い、最大の見せ場は後半13分、再び伊東からパスを受け、ドリブルで持ち上がるとGK強襲のシュートを放った。こぼれ球にも反応したが、ゴールを割ることはできなかった。

 無得点に終わったものの、何度も好機を演出した鎌田。同16分にMF南野拓実(リバプール)が途中出場してからも2列目での横関係、センターラインでの縦関係で好連係を見せ、同26分には南野の決定機を作り出した。それでも、鎌田自身は満足せず、同僚との関係性を課題に挙げた。

「今日はチャンスがあったので、決め切らないといけなかった。前半は自分らしくないミスもあった。僕自身も浮いている状態のなかで、パスをもっと(足元に)つけてくれてもいいなと思っていたけど、まだそのへんがチームメートとの関係性が浅いと思ったし、逆に言えばもっと良くなる。(決勝点を挙げた)直通くんに感謝。後半になるとだんだんボールに触れるようになったし、前半は難しいなと思ったけど、焦れずに我慢していたらチャンスも出てくるし、気持ちの部分で我慢するのも大事なのかなと」

 成長を証明した。昨季ドイツ1部フランクフルトにレンタル復帰した鎌田は、ブンデスリーガで28試合2得点、UEFAヨーロッパリーグ(EL)では10試合6得点という結果を残した。得点感覚も研ぎ澄まされたなかで、生まれたのが後半13分のGK強襲シュートだった。

「あれも本来なら頭の中では入るパターン、入るなと思っていたけど、思ったより疲れていたのか踏み込みが浅くて思ったところに蹴れなかった。前半も相手にブロックされたシーンがあって、こぼれ球をうまく止めれず、いい時は決められるし今日は決め切ることができなかったので、そこは改善しなければいけないと思うけど、そういう日もある」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」