「なんてゴラッソだ!」 本田圭佑の“弾丸ミドル”に海外称賛「ロナウジーニョのように…」

ボタフォゴMF本田圭佑【写真:Getty Images】
ボタフォゴMF本田圭佑【写真:Getty Images】

スポルチ・レシフェ戦で全国選手権初ゴール、ボタフォゴの2-1勝利に貢献

 ブラジル1部ボタフォゴの元日本代表MF本田圭佑は現地時間11日、ブラジル全国選手権1部の第15節スポルチ・レシフェ戦に先発フル出場。豪快なミドルシュートで先制点を叩き込み、2-1の勝利に貢献した。この一撃に、ブラジルファンからは「なんてゴラッソだ!」など称賛の声が上がっている。

 前節のパルメイラス戦(2-1)に続いて先発出場した本田は前半29分、相手GKのパスミスをペナルティーエリア外で拾うと、そのまま左足でミドルシュート。ゴールまで約20メートルの距離から放った豪快な一撃がファーサイドのネットに突き刺さった。本田の同大会初ゴールで先制したボタフォゴは、前半終了間際にもMFカイオ・アレシャンドレが追加点を奪い、後半に1点を返されたものの、2-1で勝利を収め2連勝。13位に浮上している。

 チームを勝利に導く活躍を受けて、現地ブラジルのファンやメディアも反応している。ボタフォゴ公式ツイッターが豪快な弾丸ミドルで先制点が決まったことを伝えると、返信欄には「なんてゴラッソだ!」「この男はロナウジーニョのように見える」「なんてキック、なんて男、なんて凄い日本人!!!」との声が寄せられた。

 またブラジルメディア「Esporte Interativo」も公式ツイッターで、本田の先制ゴールを「本田からの素晴らしいゴラッソ」と伝えている。これまで所属クラブや日本代表で、数々の印象的なプレーを見せてきた本田。ブラジルでも全国選手権初ゴールを決め、その名を歴史に刻み込んだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド