遠藤保仁、“磐田デビュー戦”のクロスバー直撃FKにファン感嘆 「ヤットに萌えた」

元日本代表MF遠藤保仁(写真はG大阪在籍時のもの)【写真:小林 靖】
元日本代表MF遠藤保仁(写真はG大阪在籍時のもの)【写真:小林 靖】

チーム合流5日目でアウェー松本戦に先発フル出場し、正確なキックで見せ場

 J2ジュビロ磐田に期限付き移籍した元日本代表MF遠藤保仁は、10日に行われたJ2リーグ第25節松本山雅FC戦(0-0)にスタメン出場。合流5日目にして中盤でゲームをコントロールし、クロスバー直撃のFKも放った。新天地でいきなり見せ場を作った熟練の40歳に対し、ファンから「久しぶりに萌えた」「まだイケる」と声が上がっている。

 遠藤は今季ガンバ大阪で在籍20年目を迎え、J1リーグ最多出場記録も更新したが、リーグ戦出場が11試合、先発出場は3試合にとどまっていた。出場機会を求めるなかで、1年でのJ1復帰を目指す磐田への期限付き移籍を決断。6日からチーム練習に合流すると、新天地デビュー戦となった松本戦にボランチでスタメン出場した。

 J2のピッチに立つのは、2013年以来7シーズンぶり。前節終了時点で13位に沈むチームのかじ取り役を託された。序盤から遠藤にボールが集まり、攻撃をコントロールしていく。またセットプレーのキッカーとしても存在感を発揮。前半15分には遠藤のFKの流れからMF山田大記が右ポスト直撃のシュート、後半20分にも遠藤が蹴った右CKからFWルキアンが決定機を迎えたがゴールには至らなかった。

 そして最大の見せ場となったのが、後半25分だった。敵陣ペナルティーエリア手前の左サイドでFKのチャンスを獲得すると、キッカーは遠藤。お馴染みのキックフォームから放たれた鋭いシュートはクロスバーを直撃し、惜しくもゴールとはならなかった。

 デビュー戦を白星で飾れなかったが、磐田が公式ツイッターでハイライト動画を紹介すると、ファンからは「早速ヤットさん…躍動しすぎでしょ」「ヤットさんはやっぱりヤットさんやなぁ~」「久しぶりに萌えた」「遠藤はまだイケる」といった声が上がっていた。

 8戦未勝利となった磐田だが、新加入MF遠藤のプレーは巻き返しの鍵を握りそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング