「初の100%ヨーロッパ」 日本代表の“オール海外組”に海外も注目「数年前は不可能だった」

日本代表の“オール海外組”に海外も注目【写真:©JFA】
日本代表の“オール海外組”に海外も注目【写真:©JFA】

日本はカメルーンに0-0のドロー “オール海外組”の招集メンバーに海外メディアも注目

 日本代表は9日、国際親善試合でカメルーン代表と対戦し、0-0と引き分けた。今回のオランダ遠征は日本代表史上初の“オール海外組”で臨んでいるが、海外メディアも「初の100%ヨーロッパ」と見出しを打って注目している。

 Jリーグが過密日程となっており、帰国時の隔離期間もあるため、招集メンバー全員が欧州でプレーする選手となった日本代表は、史上初の“オール海外組”でカメルーン戦に臨むことになった。約10カ月ぶりに迎えた代表戦は決め手に欠き、スコアレスドローに終わった。

 そんななか、ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は「初の100%ヨーロッパ」と見出しを打ち、「JFAはヨーロッパでプレーするプレーヤーのみを招集した。数年前は不可能だった。他のアジア国にはできないことだろう」と指摘している。

 また、これまで日本が参加したワールドカップ(W杯)で招集したメンバーの海外組の人数を振り返っており、1998年のフランス大会は0人、2002年の日韓大会が4人、06年のドイツ大会が6人、10年の南アフリカ大会が4人、14年のブラジル大会が12人、18年のロシア大会が15人と説明していた。

 今回、フレンドリーマッチではあるが、25人中25人が海外組となった。試合としては「誰も満足することのできない、味気ないスコアレスドローだった」と納得のいくパフォーマンスではなかったと指摘しつつも、海外組で招集メンバーを満たすことのできる状況は、日本人選手が世界から認められている裏付けとも言えるだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」