「我を失った!」 セリエA昨季得点王、ビダルへの衝撃“報復ビンタ”に海外反響

ラツィオFWインモービレ(背番号17)と顔面を抑えるインテルMFビダル【写真:Getty Images】
ラツィオFWインモービレ(背番号17)と顔面を抑えるインテルMFビダル【写真:Getty Images】

ラツィオFWインモービレがタックルを見舞ったビダルの顔面に平手打ちで一発退場

 ラツィオは現地時間4日、セリエA第3節インテル戦で1-1のドローに終わった。両チーム合わせてイエローカード7枚、レッドカード2枚が飛び交う荒れ模様となったなか、一発退場となったイタリア代表FWチーロ・インモービレの衝撃ビンタが海外メディアで反響を呼んでいる。

 試合は前半30分、アウェーのインテルがアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスのゴールで先制するも、後半10分にラツィオもセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチがネットを揺らして同点に追いつく。

 白熱した展開のなかで、問題のシーンが起こったのは後半24分だ。敵陣でボールを受けたインモービレは、インテルのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルに背後からタックルを受けて転倒。ピッチにうずくまっていたインモービレに対し、ビダルが“ファウルはなかった”とばかりに手をかけた瞬間、インモービレの振り払うように出した右手がビダルの右頬を直撃。“報復”でビンタが入る形となり、ビダルも顔面を押さえて倒れ込んだ。

 マルコ・グイダ主審はすかさず、インモービレにレッドカードを提示。昨季得点王の一発退場を境に、さらにイエローカード5回、レッドカード1枚が出される荒れ模様となり、1-1のドローで痛み分けとなった。

 スペイン紙「AS」チリ版は、「退場! インモービレの平手打ち」と見出しを打ち、「イタリア人はファウルを受けたが、相手の顔を叩いた。一発退場となったのは彼のほうだった」とレポート。ルーマニア同メディア「sport.ro」も、「インモービレは我を失った! 欧州トップスコアラーの信じられない反応」と驚きを持って報じていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド