久保建英、アトレティコ戦の短すぎる出場時間に韓国反応 「“スアレス沈黙”、“久保5分”」

後半40分からの短い出場となったビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】
後半40分からの短い出場となったビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】

5試合連続のベンチスタートとなり、出場時間もわずか5分でチームはスコアレスドロー

 ビジャレアルの日本代表MF久保建英は現地時間3日、リーガ・エスパニョーラ第5節のアトレティコ・マドリード戦(0-0)で後半40分から途中出場するも、見せ場なく試合を終えた。韓国メディアは、アトレティコに加入したウルグアイ代表FWルイス・スアレスを引き合いに出し、「“スアレス沈黙”のアトレティコと“久保5分”のビジャレアル」と報じている。

 今季ビジャレアルに期限付き移籍した久保は、ここまで熾烈なレギュラー争いのなかで苦戦を強いられている。久保の獲得を熱望したと伝えられているウナイ・エメリ監督だが、開幕から4試合連続で日本人アタッカーを先発起用せず。開幕節ウエスカ戦(1-1)では後半32分、第2節エイバル戦(2-1)は後半40分、第3節バルセロナ戦(0-4)は後半29分、第4節アラベス戦(3-1)は後半30分から投入。久保は限られた出場時間のなかでも輝きを放ち、一部スペインメディアでは“スタメン待望論”も浮上したが、アラベス戦から中2日での試合となった今節もエメリ監督は先発で起用せず、前節と同じ11人を送り出した。

 ゴールが生まれないまま進んだ後半40分、久保は2枚目の交代カードとして右サイドハーフへ。2分後には自陣でのボールロストでピンチを招くも失点にはつながらず事なきを得たが、攻撃では見せ場もなく、スコアレスのままタイムアップを迎えた。

 韓国のサッカー専門サイト「インターフットボール」は、「“スアレス沈黙”のアトレティコと“久保5分”のビジャレアルは0-0ドロー」と見出しを打ち、5試合連続でベンチスタートとなった久保と、先発するもノーゴールで後半25分にスペイン代表FWジエゴ・コスタと交代したアトレティコのスアレスについて触れている。

「アウェーのビジャレアルはクボをベンチスタートにした。全体的な主導権はアトレティコが握り、前半8分、10分にスアレスがチャンスを掴むも得点ならず。後半に入ってビジャレアルが攻勢を強め、アトレティコも反撃するが失敗。後半40分に久保が入って得点を狙ったが、試合は引き分けに終わった」

 ここまでリーグ戦5試合で出場時間80分に満たない久保。スペイン挑戦2年目は我慢の時が続いている。


【登録初月無料!】欧州で奮闘する日本人選手はDAZNでチェック!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング