「幸運が微笑んだ」 ブラジル人Jリーガーの飛躍に母国注目「日本で応援歌を手に入れた」

セレッソ大阪FWブルーノ・メンデス【写真:Getty Images】
セレッソ大阪FWブルーノ・メンデス【写真:Getty Images】

C大阪FWブルーノ・メンデスの活躍にブラジルメディアが熱視線「素晴らしい瞬間を生きている」

 セレッソ大阪は27日のJ1リーグ第19節でベガルタ仙台と対戦し、3-2と打ち合いを制した。先発出場したブラジル人FWブルーノ・メンデスは先制ゴールを奪ったなか、母国ブラジルメディアは「彼を覚えている? ブルーノ・メンデスは日本で応援歌を手に入れた」と見出しを打って報じ、Jリーグでの活躍に注目している。

 今季序盤から好調を維持しているC大阪は、8月23日の仙台戦から怒涛のリーグ戦6連勝を飾った。今月19日の第17節鹿島アントラーズ戦を1-2、第18節FC東京戦を0-2で落とし、首位の川崎フロンターレを追走するうえで手痛い連敗を喫したが、今節の仙台戦では3-2と競り勝ち、3試合ぶりの勝ち点3を手にした。

 1ゴールで仙台戦の勝利に貢献した1人が、先発を飾ったB・メンデスだ。加入2年目の今季はリーグ13試合出場で6ゴールを決めており、チーム内得点王としてエースストライカーの立場を築いている。ポーランドメディア「INTERIA SPORT」は「ブルーノ・メンデスが先制点を決め、幸運がこのC大阪の選手に微笑んだ」と伝えている。

 また、ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は「ブルーノ・メンデスは日本で応援歌を手に入れた」と見出しを打ち、Jリーグでの活躍に注目している。

 記事では、「『さぁ、ブルーノ・メンデス!』。リーグ2位のC大阪のスタンドからは、ブラジル人ストライカーの心地良いチャントが送られている。現在26歳の彼は、地球の反対側で素晴らしい瞬間を生きている」と説明していた。今季は川崎の独走が際立つシーズンとなっているが、B・メンデスの活躍が白熱したリーグへと変える鍵となりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング