J1川崎が異例表明「断罪されるべき」 SNS投稿「差別・偏見・誹謗中傷は絶対に許容しません」

川崎フロンターレが公式サイトでSNSでの差別・偏見などについて声明を発表(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
川崎フロンターレが公式サイトでSNSでの差別・偏見などについて声明を発表(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

川崎が公式サイトで「SNSにおける差別・偏見・誹謗中傷にあたる投稿について」声明文

 J1川崎フロンターレが21日、公式サイトで「SNSにおける差別・偏見・誹謗中傷にあたる投稿について」と声明を発表した。SNSで差別・偏見・誹謗中傷となりうる投稿について「断罪されるべき」と強調し、「差別・偏見・誹謗中傷にあたる行為は絶対に許容しません」と声を上げている。

 21日に川崎のクラブ公式サイトが更新され、「今般、弊クラブの実在のサポーターになりすまし、他クラブや他クラブ所属の選手に対し、差別的な表現や偏見・誹謗中傷を伴う看過できない投稿が、SNS上に散見されています」と問題点を指摘しつつ、声明内で次のように続けている。

「今回の差別・偏見・誹謗中傷となりうる表現や投稿については、Jリーグ統一禁止事項、並びに社会通念に照らし合わせても、他者になりすまし、実在のユーザーが発言したかのように見せかけ投稿する行為そのものとあわせ、弁解の余地はなく、断罪されるべきであると考えます」

 明確な立場を示した川崎は「なりすましの被害を受けた方、該当の投稿を見た他クラブの選手やサポーターの皆様の心の傷は、我々の想像を超えるものです」と気持ちを慮った一方、「私たち自身も被害者の立場として、様々な皆様との関係に悪影響を及ぼし、弊クラブの信用失墜にもつながる」と強調。そのうえで「顧問契約を結んでいる弁護士事務所と具体的な調整に入りました」と明かしている。

 最後に「川崎フロンターレは、差別・偏見・誹謗中傷にあたる行為は絶対に許容しません」と宣言しており、全面的に戦う姿勢を見せている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング