南野は「アーノルドと明らかに意気投合」 補強による“役割変化”に英注目「新たな利点は…」

リバプールMF南野拓実(左)とDFトレント・アレクサンダー=アーノルド【写真:Getty Images&AP】
リバプールMF南野拓実(左)とDFトレント・アレクサンダー=アーノルド【写真:Getty Images&AP】

リバプールに左サイドを主戦場とするジョッタが加入したことで右サイド起用も?

 リバプールは現地時間19日、ウォルバーハンプトンからポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタの獲得を発表した。昨季公式戦16得点を決めた23歳の新鋭アタッカーは日本代表MF南野拓実にとってライバルになるが、リバプール専門メディアはジョッタの加入により南野の役回りにも変化が生まれる可能性を指摘している。

 昨季30年ぶりにリーグ制覇を果たしたリバプールだが、今夏の移籍市場ではライバルチームが積極的な大型補強を敢行するなか、ギリシャ代表DFコスタス・ツィミカスの獲得のみと静観の姿勢を見せていた。そして迎えた開幕戦でリーズ・ユナイテッドに4-3と競り勝ったものの、昇格組を相手に大苦戦。その後、18日にバイエルンからスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラを獲得すると、翌日にはウォルバーハンプトンから4100万ポンド(約55億円)でジョッタの獲得を正式発表している。

 ジョッタは3トップの左、真ん中、右と前線ではあらゆるポジションをこなすことができるユーティリティー性を備えており、4-2-3-1システムでもトップ下を務めることができる。そのため南野にとっては限られた出場時間を争う強力なライバルとなるが、リバプール専門メディア「Rousing The Kop」は、ジョッタの加入により南野の役回りに変化が訪れると予想している。

 3トップの中央を務めるブラジル代表FWロベルト・フィルミーノのバックアッパーが適任であるとしつつ、「彼は右でも十分に素晴らしい。南野は現代的な右ウイングではない。というのも、彼はカットインで切り込み、ゴールに迫るタイプではないからだ。モハメド・サラーとは全く異なるアプローチを見せる」と説明している。

 記事では、「南野はスペースと連携を活用できるうえに、新たな利点は、アーノルドと明らかに意気投合していることだ。南野は、彼の動き出しに対してサポートを提供するだろう。南野が左に入った場合は切り込む傾向にあるため、標準的なウインガーになる」と指摘し、イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドとの相性の良さを強調していた。

 南野が左ウイングに配置された際は、積極的にカットインから右足のシュートを放つプレーを見せていたが、同メディアはむしろ右に配置された南野に独自のパーソナリティーを見出しているようだ。いずれにしても、左サイドを得意とするジョッタというこれ以上ないバックアッパーが加入したことで、南野の役回りも大きく変わることになりそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング