セビージャMF、“涙の別れ”に反響 EL優勝で有終の美…「言葉はない…ただありがとう」

セビージャMFバネガが退団会見で涙【写真:AP】
セビージャMFバネガが退団会見で涙【写真:AP】

元アルゼンチン代表MFバネガ、2014年から在籍したセビージャを離れてサウジアラビアへ

 セビージャの元アルゼンチン代表MFエベル・バネガが現地時間11日、退団会見に登壇。2014年から所属してきたクラブを離れる際の“男泣き”が反響を呼んでいる。

 バネガはボカ・ジュニアーズ、バレンシア、アトレティコ・マドリード、ニューウェルズ・オールドボーイズを経て、2014年夏にセビージャに加入。途中でインテルへの1年間の期限付き移籍を挟みながらも、セビージャの一員としてプレーしてきた。

 しかし今年1月、シーズン終了後のアル・シャバブ(サウジアラビア)への移籍が決定。セビージャでの“ラストシーズン”となった昨季、UEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝ではバネガもフル出場して古巣インテルを3-2で破り、有終の美を飾っている。

 そして今回、チームを離れるにあたって改めて退団会見を実施。会見中には感極まって涙を流すシーンもあり、アルゼンチン紙「オレ」は「エベル・バネガ、セビージャと涙の別れ」と見出しを打って会見の様子を報じており、バネガのコメントも次のように伝えられている。

「私はこのクラブにすべてを捧げてきた。しかし、私と家族にとってとても良い機会が訪れたので、離れることを決断した。セビージャには多くを与えられ、様々な価値を教えられてきた」

「妻と子供たちには、セビージャでの美しい冒険に付いてきてくれて感謝している。家族の存在なしに、ここでの成功はあり得なかった。一緒に物語を作り上げてくれてありがとう」

 会見時のバネガの様子をクラブ公式インスタグラムが写真で公開すると、ファンからは「もらい泣きした」「言葉はない…ただありがとう」「さようなら、マジシャン」と様々なメッセージが届けられていた。チームに多大な貢献を果たし、セビージャを去るバネガ。新天地での活躍に期待したい。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング