浦和DF橋岡大樹、1得点1アシストの充実感 刺激となる槙野と興梠の言葉とは?

「興梠選手からもたまに、『クロスが徐々に良くなっている』と言われる」

 また、この日のゴールはレオナルドが決めたが、そのすぐ後ろで同じスペースを狙って飛び込んできていたのが興梠だった。デビューしてすぐの頃は橋岡のクロスに苦言を呈することもあった興梠だが、橋岡は「よくクロスの部分でも話をするの、最近は僕自身もクロスが良くなっているなと思っていますし、興梠選手からもたまに、『クロスが徐々に良くなっている』と言われる」と嬉しそうに話す。

 そして「興梠選手が期待してくれている分、もっと頑張らなきゃいけない」と話し、頼れるエースの言葉は橋岡に大きなモチベーションを与えている。

 今季は大槻毅監督が開幕からメンバーを固定化せずに戦ってきたが、右サイドバックは橋岡がリーグ戦の全試合にスタメン出場。過密日程も乗り越えながら、3年計画と世代交代を掲げる浦和の中で新たなリーダーとしての期待を背負いながらプレーを続けている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング