「バロンドール受賞経験のない名手」に伊メディア注目 天才マラドーナら10人を特集

(左から)イブラヒモビッチ、イニエスタ、マラドーナ、アンリ【写真:Getty Images & 高橋 学】
(左から)イブラヒモビッチ、イニエスタ、マラドーナ、アンリ【写真:Getty Images & 高橋 学】

今季のバロンドール選出が見送られ、レバンドフスキはチャンスを逃す

 今シーズンの欧州サッカーは23日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝で幕を閉じた。新型コロナウイルスの感染拡大でイレギュラーなシーズンになったことは様々な影響があり、その一つに最高級の名誉である個人賞「バロンドール」の選出が今季は見送られることがある。

 それを受けてイタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は、今季に関してはCL優勝の原動力となったバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキが受賞すべきだったと指摘。レバンドフスキに関しては「CLで15得点、ブンデスリーガで34得点、ドイツ杯で6得点を挙げた、現代で最高の9番」として、絶賛している。そして、彼を含む「バロンドールに値したが受賞経験のない10人」を特集した。

 イタリアメディアらしく最初に名前が挙がったのは、元ACミランでイタリア代表でも長らく活躍したDFパオロ・マルディーニ。「世界最高のサイドバックだったのは疑いようがないが、最高は1994年のアメリカW杯が終わった後の3位だった」と言及。全体的に攻撃的な選手が有利な個人賞であるだけに、そうした厳しさもあった。

 そして、現在はヴィッセル神戸でプレーする元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタもピックアップ。バルセロナの好成績のシーズンにはリオネル・メッシの陰に隠れたことが理由で、2010年の南アフリカW杯の優勝後もメッシに次ぐ2位だったと紹介している。

 年代の遡ったところで、現在は国際サッカー連盟(FIFA)の年間での芸術的なゴールに与えられる賞に名前を残す、元ハンガリー代表FWフェレンツ・プスカシュの名前も挙がった。マジック・マジャールと呼ばれた最強チームの中心選手だったが「バロンドールとは、その瞬間に最強と思われた人物が受賞する」として、シーズンごとの個人賞の厳しさに触れた。

 そしてGKでは、元イタリア代表ジャンルイジ・ブッフォンをピックアップ。イタリア代表が優勝した2006年ドイツW杯のシーズンはDFファビオ・カンナバーロが受賞した次点の2位だった。「世界のサッカー界で、歴史上でトップ5に入るGKなのは間違いない」としている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング