G大阪守護神、自身の“ベストセーブ”を選出 思考と動きが一致「パッと起こりそうなことが…」

ガンバ大阪でゴールを守るGK東口順昭【写真:高橋学】
ガンバ大阪でゴールを守るGK東口順昭【写真:高橋学】

【東口順昭インタビュー|第1回】自身のベストプレーに三冠の“起因”セーブ選出 「パッと切り替えられて…」

 ゴール前に立ちはだかるその存在は大きく、何よりも頼もしい。今季序盤戦で好調なガンバ大阪の絶対的守護神・東口順昭が、オンラインで「Football ZONE web」のインタビューに応じた。プロ12年目の34歳GKは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、約4カ月の中断を強いられたなかでも好パフォーマンスを維持し、G大阪の最後の砦として守備陣を牽引している。J1リーグ第7節ヴィッセル神戸戦(2-0)でビッグセーブを連発するなどした東口に、これまでの“ベストセーブ”や取り組んでいる”改革”、衝撃的だったFWなどを聞いた。第1回は「自身のベストセーブ」について振り返る。

 G大阪ジュニアユース出身で、ボタフォゴMF本田圭佑や川崎フロンターレMF家長昭博らと同期だった東口。ジュニアユース時代は身長も低く、ユースに昇格できなかったため、京都府洛南高校に進学した。その後、福井工業大学から新潟経営大学に転入し、2009年にアルビレックス新潟でプロキャリアをスタート。プロ2年目には主力に抜擢されるも、11年には右ひざ前十字靭帯損傷、12年には右ひざ十字靭帯再断裂と内側側副靭帯損傷という大怪我で長期離脱を強いられた。それでも抜群の安定感を誇り、14年に“古巣”G大阪へ移籍。移籍1年目から高いパフォーマンスを見せ、J1昇格初年度の三冠獲得に貢献した。日本代表にもコンスタントに選出され、18年のロシア・ワールドカップ(W杯)メンバーに選出された。

 シュートへの反応、セービング力、ポジショニングの良さはJ屈指。守備範囲の広さも東口の特長の一つだ。そんなG大阪守護神が自身の”ベストセーブ”と話すのが、2014年の第28節川崎フロンターレ戦(1-0)で1点リードする後半35分にFW小林悠から受けたシュートを止めたシーンだ。左サイドをMFレナトが駆け上がり、そのクロスをゴール前にいた小林がダイレクトで合わせる。完璧なシュートで失点したかと思われたが、飛びついた東口が左手で抑えるビッグセーブを見せた。

「レナト選手がボールを持ってドリブルしたあたりから、シュートと中に低いボールが来ることを予想できた。中に折り返した瞬間、小林悠選手の位置も把握できていたし、あとはもう一つ、小林悠選手のニアにボールが来るかもという予測も頭に入れてステップをしていた。そこ(ニアサイド)を通過して小林悠選手にボールが行った時のステップワークと、ダイレクト(シュート)への準備がスムーズにできていた。(ニアを通過した時に)『次はシュートや』というところでパッと切り替えられて、ステップを変えた。一つひとつの作業が結果的に良かった」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング