「これで安心して眠れる」 モウリーニョ、新戦力2人に満足感「賢いタイミングで補強をした」

モウリーニョ監督が選手たちを称賛【写真:AP】
モウリーニョ監督が選手たちを称賛【写真:AP】

MFホイビュルクとGKハートの獲得に言及 「素晴らしい選手を獲得してくれた」

 トッテナムは22日、プレシーズンマッチでイプスウィッチ(英3部相当)と対戦し、韓国代表FWソン・フンミンの2ゴールの活躍もあり、3-0で勝利を収めた。この試合では、トッテナムの新戦力であるデンマーク代表MFピエール=エミール・ホイビュルクが先発出場し、元イングランド代表GKジョー・ハートも途中出場。試合後、ジョゼ・モウリーニョ監督はクラブの補強に満足感を示した。英紙「デイリー・メール」が報じている。

 前半6分にイングランド人MFライアン・セセニョンのゴールで先制したトッテナムは、同10分、29分にもソン・フンミンが加点し、3-0で快勝。先発したホイビュルクは先日、サウサンプトンから2000万ポンド(約28億円)の移籍金で加入し、その後にはバーンリーと契約満了となったハートが2年契約で加入していた。

 モウリーニョ監督は「クラブは賢いタイミングで補強をした。ピエールは契約の最後の1年を迎えており、彼の所属していたクラブにとっては難しい状況だった。レヴィー氏は、最高の仕事をして素晴らしい選手を獲得してくれた」と、ダニエル・レヴィー会長の手腕を絶賛した。

 また、ハートはフランス代表GKウーゴ・ロリス、アルゼンチン代表GKパウロ・ガッサニーガに続く、3人目のGKとなる。モウリーニョ監督は、来季のトッテナムが過密日程を強いられることを指摘し、GKの層が厚くなったことを喜んだ。

「イングランド代表で75試合を戦い、多くの経験を持つジョーの獲得によって、私たちは3人のGKを有し、とても安全な状態になった。全員が、それぞれの国の代表選手であり、素晴らしいGKだ。これで安心して眠れるよ」

「クレイジーなスケジュールが待っている。GKであっても、すべての試合に出場することはできない。だから、とても、とても良い補強になった」

 昨シーズン途中にトッテナムの監督に就任し、チームの立て直しを図ったモウリーニョ監督。開幕前から指揮を執る今季は、どのようなチーム作りを見せるだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング