久保のレンタル移籍でレアルは最大6億円獲得? ビジャレアルのSNSは2日で3万増

ビジャレアルMF久保建英の影響力は計り知れないようだ【写真:Getty Images】
ビジャレアルMF久保建英の影響力は計り知れないようだ【写真:Getty Images】

EL、国王杯、CL出場権獲得などの結果で大きく変化

 レアル・マドリードは2019-20シーズン、マジョルカへレンタル移籍させていた日本代表MF久保建英を、2020-21シーズンはビジャレアルへレンタル移籍させた。2021-22シーズンからは、レアルのトップチームに加わることが内定しているとされる久保だが、ビジャレアルでプレーする新シーズンもクラブに最大500万ユーロ(約6億3000万円)の利益をもたらすことになるようだ。スペイン紙「AS」が報じている。

 マジョルカでリーガ・エスパニョーラに35試合に出場し、4得点4アシストを記録して評価を高めた久保は、スペイン内外のクラブによる熾烈な争奪戦の末に、2020-21シーズンにUEFAヨーロッパリーグ(EL)に出場するビジャレアルへレンタル移籍。ビジャレアルは、レアルに対して250万ユーロ(約3億1500万円)のレンタル移籍金を支払うが、クラブの成績によって支払額はさらに増えるという。

 ビジャレアルがレアルに支払う金額は、久保がビジャレアルで何試合に出場するか、ELや国王杯でどこまで勝ち上がるか、そして2021-22シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を獲得できるかなどによって、最大で500万ユーロにもなるという。

 久保の加入は、そのプレー面だけではなく、アジア市場の開拓という意味でも大きな影響をクラブにもたらす。そのため、レアルは久保の移籍金には相応の価値があると考えていたが、ビジャレアルもクラブのSNSが久保の加入後わずか2日で3万ものフォロワー(公式ツイッター=1万5000、英語版公式ツイッター=3000、インスタグラム=1万、フェイスブック=2000)を増やしたことから、その影響力を感じ取っているという。

 ビジャレアルでは、まだボールを蹴る様子を伝えたばかり。今後、プレシーズンに入っていけば、その効果はより大きく表れてくるはずだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング