マンC、“セリエA最強CB”獲得を狙うも…ナポリは114億円要求 “32億円差”を埋められるか

ナポリDFカリドゥ・クリバリ【写真:Getty Images】
ナポリDFカリドゥ・クリバリ【写真:Getty Images】

グアルディオラ監督がクリバリ獲得を熱望も金銭面で大きな開きと伊紙報道

 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティは、イタリア・セリエAの強豪ナポリからセネガル代表DFカリドゥ・クリバリの獲得を狙うものの、その提示額はナポリの要求額と圧倒的な差があるとイタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

 クリバリは現在29歳とキャリアのピークを迎えており、契約は2023年6月まで残っている。それでもシティのジョゼップ・グアルディオラ監督は獲得を熱望し、今夏の移籍市場でのオファーをナポリに提示しているとの報道が以前にもあった。

 しかしガゼッタ紙によると、その伝えられている熱意とは裏腹にシティのオファー額は移籍金6500万ユーロ(約82億円)ほどが限度額ということで、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長の要求する9000万ユーロ(約114億円)には全く届かないとされた。

 かねてから、ナポリのラウレンティス会長は移籍金の減額に応じるタイプではないことが、これまでの実績と傾向から明らかと報じられてきた。グアルディオラ監督が熱望する“セリエA最強”との呼び声も高いセンターバックの獲得には、まずはクラブに対して予算面での態勢を整える話し合いが必要な状況のようだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング