名門復活の切り札はモウリーニョの愛弟子!? マンUが98億円のメガオファーでセリエA得点王獲得に動く

伊紙報道 今季25得点のアルゼンチン代表FWイグアイン

 マンチェスター・ユナイテッドはセリエA得点ランク首位を独走するナポリのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン獲得のため、8000万ユーロ(約98億円)を準備しているという。伊地元紙「コリエレ・デロ・スポルト」が報じている。

 来季ジョゼ・モウリーニョ氏の新監督就任が濃厚といわれるユナイテッドは、新たな得点源となるストライカーを探している。モウリーニョ氏の古巣であるインテルで、昨季セリエA得点王を獲得したアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの獲得にも関心を示していると言われるが、新たに「ピピータ」の愛称を持つストライカーが候補として急浮上している。

 レポートによれば、ユナイテッドはイグアイン獲得のために8000万ユーロを用意するという。2013年にレアル・マドリードからナポリに移籍後、リーグ戦96試合で60得点を決めるなど、イタリアで得点感覚を研ぎすませた28歳のエースに大きな期待を寄せている。ただし、18年まで契約を結ぶアルゼンチン代表FWの買取金額は9450万ユーロ(約116億円)に設定されているという。

 

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング