影山優佳が「日向坂46サッカー選抜」をセレクト “右サイド”に込めたメッセージは?

1トップは三期生の上村ひなの「チームカラーをより深みのあるものにしてくれている」

■1トップ:上村ひなの(三期生/2004年生まれ/身長162cm)

「3期生で後輩メンバーにあたるんですけど、彼女は独特な世界観と雰囲気を持っていて、自分を忘れないというか、自分の空気を大事にしています。笑いも誘うし、日向坂46のチームカラーをより深みのあるものにしてくれている子だと思います。新しい日向坂46を作っていくという意味と、やっぱり1トップはどんどん前に行って、チームを導いてくれる印象があるので、その部分を重ね合わせました」

 選ばれなかったメンバーがいて、「ファンの方ごめんなさい!」という感じなんですけど、ちゃんと理由があります。

■スーパーサブ:齊藤京子(一期生/1997年生まれ/身長155cm)

「例えば、京子は試合に出たら活躍するんです、絶対に。でも、体力がなくて、フル出場だと息が上がってしまうので、スーパーサブなんです(笑)。彼女が一番良いパフォーマンスを見せられるのは、途中出場だと思います」

 日向坂46の良さはいろんなメンバーがいること。個性が強くて、一人変えるだけでまったく違うチームになります。今回、私はフォーメーションを含めて少しバラエティー寄りな印象で作りましたが、例えば“ライブをするなら”とか、“みんなでバーベキューをするなら”とか、シチュエーションで全然変わってきます。皆さんもぜひ、オリジナルの“〇〇選抜”を考えてほしいなと思います。

[PROFILE]
影山優佳(かげやま・ゆうか)/2001年5月8日生まれ、東京都出身。日向坂46一期生。16年5月、欅坂46に続いて結成された「けやき坂46」(通称ひらがなけやき)の一期生オーディションに合格。18年8月、学業に専念するため活動休止。20年5月26日に活動再開を発表した。かつて男子に交じって地元サッカークラブに所属し、サイドやボランチでプレー。サッカー4級審判員の資格も持ち、戦術にも精通する。自身の公式ブログでJリーグ全56クラブを紹介する「影山優佳のWE LOVE Jリーグ」が好評連載中。

(FOOTBALL ZONE編集部・小田智史 / Tomofumi Oda)


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング