「メッシ、ルーニーを超えた」 ネイマール、サントス時代に魅せた“美技弾”に再脚光

サントス時代のFWネイマール【写真:Getty Images】
サントス時代のFWネイマール【写真:Getty Images】

サントス時代の2011年に生まれた超絶ゴールに海外メディアが再脚光

 世界トップクラスの選手の一人に数えられるパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールはこれまで、卓越したテクニックを武器に数々の印象的なゴールを決めてきた。8月に再開されるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)での活躍も期待されるなか、海外メディアはブラジルのサントス時代に決めた美技弾へ脚光を当て、その凄みを改めて伝えている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 ネイマールはサントスの下部組織からトップチームに昇格すると、17歳だった2009年にプロデビュー。南米年間最優秀選手賞を2度獲得するなどその活躍が注目され、13年にスペイン1部のバルセロナへ移籍した。バルサではアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスとともに攻撃陣を牽引し、リーグ、CL制覇などのタイトル獲得に貢献。その後、17年に当時史上最高額となる2億2200万ユーロ(約275億円)の移籍金でPSGへと活躍の場を移し、今季リーグ戦では15試合13得点の成績を残している。

 現在、8月にポルトガルで集中開催されるCLに向けて調整に励むなか、海外メディアはネイマールが9年前のサントス時代に決めた美技弾に再注目。この得点は11年7月27日に行われたフラメンゴ戦の前半に生まれたもので、敵陣左サイドにいたネイマールは巧みなタッチから味方とのパス交換を成功させ中央へ。ペナルティーエリア手前までボールを持ち込むと、鮮やかなステップでDF二人を突破し、右足のアウトサイドでゴールネットを揺らした。

 このゴールについて、ペルー紙「Libero」は「ネイマールは物議を醸すプレーヤーでもあるが、PSGのアタッカーは、世界で最高の選手の一人であることをフィールド上で示す天才だ。その最たる例は、2011 年 7 月 27 日、サントスとフラメンゴの間で生まれたドリブルからのゴールだ」と綴り紹介。記事では同年のプスカシュ賞(年間最優秀ゴール)に選ばれたことにも触れられており、「リオネル・メッシとウェイン・ルーニーなどの数字を超えて、権威あるプスカシュ賞を獲得した」と、2、3番手に続いたメッシ、ルーニーを抑えての受賞だった事実も伝えている。

 当時のゴールについてはサントスの公式ツイッターでも動画が投稿されており、多くの反響を呼んでいる。ネイマールが魅せた美技は、9年という月日が経っても色褪せることはないようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング