食野亮太郎、絶妙ボレー弾に敵将ジェラード驚嘆の“裏話” かけられた言葉「握手しに来てくれて…」

ホーム戦でもジェラード監督から呼び止められ…「名前を覚えてもらっていた」

 年が明けた1月26日のリーグ第23節で、ジェラード監督が率いるレンジャーズと再び対戦。1月上旬から中旬までU-23日本代表の一員としてU-23アジア選手権に唯一の海外組として招集されていた食野は、ホームで迎えたこの一戦でベンチを温めることとなった。2-1でハーツが勝利を収めた試合後、食野は再びジェラード監督に呼び止められた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

「『メシノ!』って握手しに来てくれて、名前を覚えてもらっていました。そこは嬉しかったですね、率直に。『グッドラック』と声をかけてもらったかな」

 敵将の印象にも大きく残った一発。この絶妙なボレーシュートは、父とG大阪アカデミーで育った弟・壮磨(京都産業大)とともに幼い頃から積んだ猛特訓の賜物だった。

「あのボレーは小さい時から、父親と弟と公園で練習して積み重ねていたものが出ました。親があの試合をスコットランドまで観に来てくれていて、『小さい頃からの成果が出たな』とメッセージをくれました。父親はサッカーをやっていなかったけど、僕の身長があんまり大きくならないやろなと思って『大事なのは基礎技術』と一緒に取り組んでくれていたんです。リフティング、細かいステップの練習を毎日朝から夕方まで。練習の賜物というのは身に染みて持っていると思います」

 大阪府泉佐野市に生まれ、この地に栄えた豪商・食野家の末裔。中学から入団したG大阪のジュニアユースでは、同期が日本代表でも主力を担うMF堂安律(PSV)だった。堂安は一足早く16年にトップチームへ飛び級昇格を果たすなど飛躍を遂げる一方で、食野はコツコツと努力を重ねてきた。19年の開幕当初はJ3に所属するG大阪U-23で過ごし、そこでしっかり結果を残した。3月10日の開幕戦ヴァンラーレ八戸戦(2-2)で幸先良くゴールを決めると、同31日のY.S.C.C.横浜戦(5-0)で、この日Jリーグデビュー戦となったG大阪ユース所属だった弟・壮磨と“アベックゴール”を達成。J3で8戦8発と爆発し、トップへ昇格、夏にはシティ移籍を実演させた。

 それも、兄弟で積み重ねてきた基盤があったから。父は平日でも、野球場のナイター施設の明かりを利用して練習に付き合ってくれた。自身が通っていたサッカースクールから帰った後も、父とともにボールを蹴った。あの頃の記憶が、レンジャーズ戦のシュートの瞬間よみがえった。左足に込めた家族への思い。自身の武器を再確認した。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  4. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」