中村俊輔は「日出づる国の神話」 セルティックの「21世紀TOP15」で3位にランクイン

セルティック時代のMF中村俊輔【写真:Getty Images】
セルティック時代のMF中村俊輔【写真:Getty Images】

2005~09年に在籍し、CLでマンUを撃破するFK弾を決めるなどレジェンドに

 横浜FCの元日本代表MF中村俊輔は、セルティック時代の2006-07シーズンにUEFAチャンピオンズリーグで日本人史上初の決勝トーナメント進出という偉業を成し遂げた。在籍4シーズンでリーグ優勝3回、年間最優秀選手にも輝くなどレジェンドとして名を刻んだが、海外メディアは「セルティックの21世紀ベストプレーヤーTOP15」に選出している。

 サッカーサイト「90min」フランス語版は、「セルティックの21世紀ベストプレーヤーTOP15」と題してランキングを実施。元アイルランド代表FWロビー・キーン(9位)や2007年から在籍する現キャプテンの元スコットランド代表MFスコット・ブラウン(4位)が選ばれるなか、3位に入ったのが中村だった。

 横浜マリノス(当時)でプロキャリアをスタートさせた中村は、2002年に海外挑戦。日本人史上4人目のセリエAプレーヤーとしてレッジーナで3年間プレーし、2005年にスコットランドへ渡った。セルティックでは、2006-07シーズンに年間最優秀選手に輝くなどレジェンドとして語り継がれる活躍を見せたが、なかでも2006年11月21日に行われたCLグループステージ第5節ユナイテッド戦(1-0)で決めた決勝FK弾は伝説として刻まれている。

「史上最高フリーキッカーの1人。シュンスケ・ナカムラは日出づる国の神話であり、セルティックパークの伝説だ。キャリアの絶頂は2006-07シーズン。チャンピンズリーグのグループステージで素晴らしいFKがあり、アレックス・ファーガソンのマンチェスター・ユナイテッドを倒した。2007-08シーズンのレンジャーズ戦の印象的な30メートル弾も挙げられる。日本代表(98試合出場・24得点)は間違いなくワールドクラスのプレーヤーで、サッカー界で最も美しい左足の一つを備えている」

 記事では、このように42歳の熟練レフティーに称賛の言葉を送っている。なお今回のランキングでは、2位に現代最強センターバックの呼び声が高いオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(現リバプール)、1位には公式戦315試合で圧巻の242ゴールを挙げた元スウェーデン代表FWヘンリク・ラーションが選ばれている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド