イブラも嫉妬!? 「物理学を無視」の衝撃キックに世界反響「不可能なシュートを発明」

ベジクタシュFWボアテング【写真:Getty Images】
ベジクタシュFWボアテング【写真:Getty Images】

ベジクタシュFWボアテングがSNSでスーパーゴール映像を公開、海外メディアが絶賛

 元ガーナ代表FWケビン=プリンス・ボアテング(ベジクタシュ)が公式ツイッターを更新し、スーパーゴール映像を公開した。海外メディアが「物理学を無視したキック」「不可能なシュートを発明」と絶賛し、大きな脚光を浴びている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 現在33歳のボアテングは、これまでトッテナムやドルトムントをはじめ、ACミラン、バルセロナなど欧州4大リーグのクラブを渡り歩いてきた。今季の前半戦はフィオレンティーナでリーグ戦14試合1ゴールの結果を残していたが、2020年1月にベジクタシュへ期限付き移籍し、リーグ戦10試合3ゴールの活躍を見せている。

 そんなボアテングが自身のツイッターを更新。右サイドからエリア内にクロスボールが送られ、中央で反応したボアテングが驚異的なシュートを見せる。シュートを放つ直前にくるりと回転し、最後は右足のアウトサイドで華麗なボレーシュートを放った。

 この一撃に海外メディアが反応。衛星放送「スカイ・スポーツ」イタリア版は「ベジクタシュのストライカーは、サッカーにカンフーを融合させるトレーニングを行っている」と伝えれば、スペイン紙「マルカ」は「不可能なシュートを発明」と記している。

 また海外サッカーサイト「BeSoccer」ポルトガル版は、「ボアテングの信じられないゴール…イブラヒモビッチを嫉妬させる!」と言及し、「物理学を無視したキックで、ミランのストライカー(イブラヒモビッチ)を彷彿とさせた」と賛辞を送っている。

 ベテランアタッカーの“超絶キック”は、さらなる反響を呼びそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング