大物ストライカーが覚醒した理由は? 川崎の新システムがもたらした“中盤との関係性”

L・ダミアン覚醒の理由は新システムにあり? 「中盤の誰かができるように心がけていた」

「新しいポジションになったことで、前の選手に絡んでいけるイメージは多少持てるのかなと。(ボールを引き出すために)中盤3枚がローテーションはするけど、なるべくダミアンが孤立しないよう、上手く関わることは、中盤の誰かができるように心がけていた。後ろに人数が多くなりすぎないよう、人の配置の部分は気をつけていた」

 中盤の最年長選手として大島はリーダーシップを示しており、「前の選手がいかに気持ち良くプレーしてくれるかを後ろの僕らは心がけている。そういった意味でも、今はお互いにとても良い関係が築けていると思う」と、新システムによりL・ダミアンの実力を引き出す土台が整っていることを強調していた。

 この大物ストライカーの適応は、チームが次のステージへ進むうえで課題とされていた。現在、MF中村憲剛やFW小林悠ら主力組の負傷者が相次いでいるが、ダミアンが見せている覚醒が、2年ぶりのリーグ優勝を目指すうえで大きな鍵となるのは間違いないだろう。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング