アーセナル若手MF、“給与格差”で相手侮辱? ブライトンFWの“謙虚さ”発言の理由か

ブライトンの選手と会話するアーセナルMFマテオ・ゲンドゥージ【写真:Getty Images】
ブライトンの選手と会話するアーセナルMFマテオ・ゲンドゥージ【写真:Getty Images】

ゲンドゥージがブライトンの選手を見下す発言か

 プレミアリーグのブライトンに所属するFWニール・モペイは現地時間20日のアーセナル戦(2-1)の試合後に「アーセナルの選手は謙虚さを学ぶ必要がある」と発言して話題となった。その発言は主にアーセナルMFマテオ・ゲンドゥージに向けられたものだったようだ。英紙「デイリー・メール」によれば、ゲンドゥージはブライトンの選手を侮辱する発言を繰り返していたという。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ブライトンとアーセナルの一戦は後味の悪さが残るゲームとなった。

 事の発端となったのは0-0で迎えた前半36分、アーセナルのドイツ代表GKベルント・レノがブライトンFWモペイと接触し、膝を負傷したレノが交代を余儀なくされたプレーだ。

 ペナルティーエリアぎりぎりのところでジャンプしてボールをキャッチしたレノに対してモペイが遅れて飛び込む形となり、バランスを崩したレノは着地の際に右膝を痛めた。意図的ではないにせよ、これが危険なプレーとして物議を醸した。

 モペイは後半アディショナルタイムに決勝点をマークするなど、良くも悪くもこの試合の主役となった。レノとの接触についてハーフタイム中にアーセナルのミケル・アルテタ監督に謝罪していたことを後に明かしているが、一方で「アーセナルの選手は謙虚さを学ぶ必要がある」との発言も残している。

 英紙「デイリー・メール」は、モペイの発言は主にアーセナルのU-21フランス代表MFマテオ・ゲンドゥージに向けられたものだと報じている。

 記事によれば、ゲンドゥージは試合中にレノを負傷させたとモペイを非難していただけでなく、ブライトンの選手たちを見下すような発言をしていたという。「ブライトンの選手はクソだ」という明らかに侮辱するものや、ゲンドゥージを含むアーセナルの選手がブライトン選手よりも多くのお金を稼いでいるとの発言があったとされている。

 アーセナルは21歳のゲンドゥージが週給4万ポンド(約540万円)を手にし、チーム一の稼ぎ頭である元ドイツ代表MFメスト・エジルの週給は35万ポンド(約4700万円)にも及ぶ。一方でブライトンでは給与の上限が週給5万ポンド(約670万円)と伝えられている。ゲンドゥージはクラブの間の金銭面の“格差”も持ち出して侮辱行為に及んだようだが、モペイの「謙虚さを学ぶ必要がある」といった発言はこうした不遜な言動を受けてのものだったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」