Jリーグが今季の順位決定方法の変更を発表 「同じ試合数で終えられない可能性」を考慮

Jリーグが今シーズンの順位決定方法の変更を発表(写真はイメージです)【写真:石倉愛子】
Jリーグが今シーズンの順位決定方法の変更を発表(写真はイメージです)【写真:石倉愛子】

コロナ禍の状況で公平性を協議 「得失点差」の次に「該当クラブ間の成績」を重視

 Jリーグは23日、理事会を開催し2020シーズンの順位決定方法を変更することを発表した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 新型コロナウイルスの影響で、Jリーグは2月にJ1、J2の開幕節を迎えたあと、中断が決定。その後、4月25日にJ3、5月2日にJ2、5月9日にJ1が再開予定だったが、4月3日に白紙に戻すことで合意した。その後、政府から緊急事態宣言が出されたため、再開時期は未定のままだったが、同宣言が解除され、リーグ戦は6月27日にJ2とJ3から、J1は7月4日からリスタートすることが決定した。

 新日程もすでに決まっているなかで、今回の理事会後には2020シーズンの順位決定方法変更を発表。従来の方式では勝ち点が並んだ場合、1.全試合の得失点差、2.全試合の総得点数、3.該当するJクラブ間の対戦成績(イ:勝点、ロ:得失点差、ハ:総得点数)、4.全試合の反則ポイント、5.抽選の順で優劣を決めていたが、変更後は得失点差のあと、該当するJクラブ間の対戦成績(※ただし、ホーム&アウェーの 2 試合を実施済みの場合のみ)、全試合の勝利数、全試合の総得点数、全試合の反則ポイント、抽選の順に変更されている。

 この変更について、村井満チェアマンは「今回の場合は、全チームが同じ試合数で終えられない可能性がある。そうしたなかで順位を決めていくと、試合数に得点が比例してしまう可能性があるので、そこの要素をなるべく軽減する配慮があった」と説明。Jリーグは今季のリーグ戦の公平性などを協議し、各リーグとも全試合数の75%以上、各クラブが50%以上の試合を消化することを大会成立の条件としているが、その部分に焦点を当てたための措置だとしている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ