メッシの激昂は「珍しい事態」  “怒りの突き飛ばし”が世界で反響「過剰に遅れた転倒が…」

バルセロナFWリオネル・メッシとセビージャDFジエゴ・カルロス【写真:Getty Images】
バルセロナFWリオネル・メッシとセビージャDFジエゴ・カルロス【写真:Getty Images】

メッシがセビージャDFカルロスに行った突き飛ばしが話題に「幸運にもレッドカードを回避」

 バルセロナは現地時間19日、リーガ・エスパニョーラ第30節でセビージャと対戦し、0-0で引き分けた。上位対決は痛み分けに終わったが、試合中に激昂したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが相手選手を突き飛ばした場面に対し、「こんなことが起きるのは珍しい」と世界でも反響が拡大している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 リーグ再開後は2戦連続でゴールを決めていたメッシだが、この日はFK対策を含めたセビージャの徹底マークに苦しんだ。苛立ちを募らせている様子が分かる場面は前半アディショナルタイムに生まれた。ウルグアイ代表FWルイス・スアレスとのワンツーで中央突破を図った際、相手DFジエゴ・カルロスにスライディングタックルでクリアされるも、その直前にスアレスが倒されてファウルを獲得した。

 しかし、メッシはタックルされた際に足裏で右足を削られたことで、プレーが止まった途端に物凄い剣幕でカルロスに詰め寄り、両手で突き飛ばした。それを機に両チーム入り乱れるいざこざとなったが、カルロスがやや誇張気味な倒れ方をしたこともあり、メッシにはイエローカードも提示されず、揉め合いの仲裁に入っていたスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツが警告を受けることになった。

 メッシの怒りのジェスチャーは世界でも反響が拡大している。英紙「ザ・サン」は「激怒のメッシがカルロスを突き飛ばすが、幸運にもレッドカードを回避した」と見出しを打ち、「カルロスの過剰に遅れた転倒が助けにならなかった」と、結果的にメッシを救うことになったと指摘している。

 また、アルゼンチンメディア「Diario Ole」は「(メッシに)こんなことが起きるのは珍しい事態だ。しかし、メッシはカッとなっていた。状況は悪化し、罵って突き飛ばした」と取り上げている。普段はピッチ上で冷静沈着であることの多いメッシが怒りを露わにするのは珍しいケースだが、それだけ思うようにプレーできていなかったということなのだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」