中村俊輔は「本当に偉大」 セルティック時代同僚が“秘話”告白「ただただ素晴らしい」

セルティック時代のMF中村俊輔【写真:Getty Images】
セルティック時代のMF中村俊輔【写真:Getty Images】

セルティック時代の共闘したDFウィルソンがFK練習のエピソードを明かす

 横浜FCの元日本代表MF中村俊輔は、2005年から09年にかけてスコットランドの名門セルティックに所属。不動のレギュラーとして数々のタイトル獲得に貢献し、クラブレジェンドとして名を刻んだ。そんな中村のセルティック時代の秘話に当時のチームメートが言及。居残りでのFK練習を振り返り、「ただただ素晴らしかった」と絶賛している。

 横浜マリノス(当時)でプロキャリアをスタートさせた中村は、2002年に海外挑戦。日本人史上4人目のセリエAプレーヤーとしてレッジーナで3年間プレーし、2005年にスコットランドへ渡った。セルティックでは在籍4年間でリーグ優勝3回、2006-07シーズンには年間最優秀選手に輝くなどレジェンドとして語り継がれる活躍を見せたが、なかでも06-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージでは強豪マンチェスター・ユナイテッド相手に2度も直接FKを沈め、世界にその名を轟かせた。

 今でも現地メディアでは中村の功績を振り返る特集が組まれるなど、その人気は健在だ。そのなかで今回、スコットランドのポッドキャスト番組「フットボール・ダフト」で当時を振り返ったのは、元セルティックの右サイドバックとして活躍した元スコットランド代表DFマーク・ウィルソン氏だ。その内容をスコットランドメディア「グラスゴー・ライブ」が報じている。

 番組の中でウィルソン氏は、中村のFKは「世界のどんなGKであってもセーブに苦労するだろう」と述べ、過去に共闘したなかでベストプレーヤーと称賛。セルティック時代のエピソードを一つ明かしている。

「ナカ(中村)には小柄な通訳がいたんだが、彼も素晴らしかった。マカと呼んでいたよ。毎日、トレーニングが終わってから、ナカは通訳をゴールに立たせてFKを打ち込んでいたんだ。素晴らしいことだ。なにせ毎日だよ。通訳はブカブカのクラブオフィシャルジャケットを羽織って――拳まで隠れていたね――ファン・デル・サールでも捕れなかったシュートをセーブしようとしていた。雨の日でもボールに向かって飛び込んでいたよ」

 そう懐かしんだウィルソン氏は、さらに「僕らは窓からその光景を見て、『彼はもっと給料をもらうべきだ』と話していたんだ。本当に偉大だよ。信じられない選手であり、ただただ素晴らしかった」と回顧していた。セルティック時代の中村は、その練習量でもチームメートから尊敬を集める存在だったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング