浦和が横断幕禁止に反対、DF山中亮輔の見解は? 「難しい問題…実現したら嬉しい」

浦和レッズDF山中亮輔【写真提供:浦和レッズ】
浦和レッズDF山中亮輔【写真提供:浦和レッズ】

再開初戦、山中の古巣・横浜FMと対戦へ 「気持ちも入るし、楽しみにしている」

 浦和レッズのDF山中亮輔が17日のトレーニング後にビデオ通話アプリを使用した取材に対応し、来月4日のJ1再開初戦で古巣の横浜F・マリノスと対戦することに「楽しみにしている」と話した。そして、横断幕の掲出については「モチベーションにつながっている。難しい問題ではあるけど、実現したら嬉しい」と言及した。

 浦和は再開に向け13日にJ2の町田ゼルビアと30分×4本の形式でトレーニングマッチを実施。山中は1本目の途中で足を痛めて交代したことで状態が懸念されたが、「当たり所が悪くて力が入らない状態になってしまったので、基本的には打撲で心配していない。今日から合流できているし、再開に向けてコンディションを上げていきたい」ということで、大事には至らなかった。貴重な戦力だけに大槻毅監督もホッとしているだろう。

 2月に行われた公式戦2試合ではいずれも山中はアシストを記録し、チームも勝利。そうした矢先に新型コロナウイルスの感染拡大によりすべての公式戦が中断し、チームも活動を停止して在宅での個別トレーニングを余儀なくされた。それにあたり大槻監督からは「家族を大事にしてほしい」というメッセージがあったという。そうしたなかで「大切な人を守る、感染させないことが大事だった」と、その期間を振り返った。

 再開初戦の対戦相手が横浜に決まり、山中にとっては2018年まで所属した古巣に当たる。当然「気持ちも入るし、楽しみにしている」というゲームになる。「去年のチャンピオンチームだから」と、古巣への敬意を払ったうえで「ボールを握られる時間も多いと思うけど、みんなで我慢して失点せずにやりたいと思うし、まだ時間があるので戦術のところを落とし込むはず」と、これからの準備で対策を練る時間があることを前向きに捉えた。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング